« 米国証券口座開設で実現できること | トップページ | 仕組預金の罠 »

2007年2月13日 (火)

国内証券会社で買える海外ETF

米国証券口座を開設することで、世界最大のETFラインナップ等、投資の可能性が大きく広がることはすでに述べました。しかしながら、言語の壁や管理のわずらわしさ、万一の相続等、ハードルが高いのも事実です。

海外で証券口座を開く決断はできないが、海外ETFのメリットは享受したいという場合は、限定的ながら、日本の証券会社で購入する方法があります。

現時点で私が把握している限りで、最も広範囲な海外投資が可能なETFを揃えているのは日興コーディアル証券です。

米国、ヨーロッパ、オーストラリア、中国(香港)、韓国のインデックスに連動するETFを取り揃えています。

ただ、残念なことに、インターネット注文には対応できていないようです。

インターネット注文対応している証券会社では楽天証券が海外ETFを取り扱っています。

米国、中国、香港、インドのETFがラインナップされています。あと、ヨーロッパのETFがあれば大雑把な世界株ポートフォリオが構築できそうなのですが、現状では楽天証券でのETF世界株ポートフォリオ構築は難しそうです。

ただし、この証券会社はUS株、中国株等の取り扱いに非常に積極的な証券会社です。近い将来、EFA(US除く世界株)等のETFのラインナップもあり得るかも知れません。

楽天証券で口座開設された方は、みんなで海外ETFの取扱拡充を訴えましょう。

日本の証券会社で海外ETFの世界株ポートフォリオを自在に構築できる日が早く来て欲しいものです。

(なお、後日(2007年3月9日)に楽天証券はEFA(US除く世界株ETF)とEEM(新興国株式ETF)の取り扱い開始をアナウンスしました。日本の証券会社で海外ETF世界株ポートフォリオが構築できる日がこんなにも早く来たことは、本当に喜ばしい限りです。詳しくは下記リンクをご覧ください。)

http://max999.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/efaeemetf_e69a.html

|

« 米国証券口座開設で実現できること | トップページ | 仕組預金の罠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202973/13899458

この記事へのトラックバック一覧です: 国内証券会社で買える海外ETF:

» 2020年は世界一の観光地に? [中国株でデッカク儲ける為の中国株入門サイト]
世界観光機関が先日発表したレポートによりますと、北京オリンピック、上海万博を控えて俄然、国全体が活況に湧いている中国が、なんと2010年までにスペインに代わって世界2番目の観光地 [続きを読む]

受信: 2007年2月14日 (水) 19時21分

» 中国の不動産ブームは弱まる気配なし [中国株初心者も勝てる中国株初心者支援道場]
不動産市場はまだバブルが崩壊するまでには至っておらず、不動産価格の上昇には、常に目を光らせるべきだが、不動産価格の安定上昇は [続きを読む]

受信: 2007年2月14日 (水) 23時47分

» 日本で現地口座を開設するには? [ベトナム株投資で超資産運用!!ベトナム株投資入門]
実は、ベトナムに株式市場が出来たのは、2000年に入ってからなんです。スタート時は上場企業たった2社のみです。そして、未だに上場している企業は100社を超えていません。証券取引口座数も6万件と、日本の中堅規模のネット証券会社よりも少ない状態です。 [続きを読む]

受信: 2007年2月15日 (木) 03時03分

« 米国証券口座開設で実現できること | トップページ | 仕組預金の罠 »