« FX投資は儲かるか? | トップページ | ご当地ファンドの矛盾 »

2007年2月24日 (土)

クレディセゾンとバンガード(その3)

セゾン投信の2本目のファンドの内容が発表されたようです。

詳しくは、下記リンクをご参照ください。

http://today.reuters.co.jp/investing/FinanceArticle.aspx?type=domesticFunds&storyID=2007-02-23T081500Z_01_TK3084015_RTRIDST_0_JAAESJEA906.XML

このブログの主旨と全く合わないファンドなので、コメント無しとしてもよかったのですが、一言だけ。

「なぜ、さわかみとバンガード(日本株式インデックス)のミックス?」

日本のお客は、さわかみファンドを単体で買うことができるのに、なぜ、このファンドを買って、ファンドオブファンズの上乗せフィーを払わなくてはならないのか!

これは、もしかして、昔懐かしい「ドラクエを発売初日に買いにきたお客に、売れ残りゲームソフトとの2本セットで売る、抱き合わせ販売」でしょうか?まさか、バンガードの日本株式インデックスファンド(しかもファンドオブファンズの上乗せフィー付)にドラクエのような抱き合わせ販売でも売れる力があるとでも考えているのでしょうか?

ちょっと、冗談のような内容です。(当方の勘違い、読み違い等、何かの間違いであれば良いのですが)

セゾン投信、どうも、ちょっとずれている気がします。

|

« FX投資は儲かるか? | トップページ | ご当地ファンドの矛盾 »

コメント

 このファンドは資産形成の達人ファンドだと思いますが、さわかみファンドに2000億、バンカードに58億割り振り、全部日本株に投資することになっています。なぜ100%日本株で、なぜさわかみファンドとバンガードに割り振り、しかもどうして比率が違うの?と言う疑問だらけのファンドです。
 
 いずれ説明会があるようなので、聞きに行ってみるつもりです。こんなの買うつもりはありませんが、セゾンの姿勢が分かるでしょう、回答内容によっては今後セゾン投資信託とはお別れと言うことになるかもしれませんね。

投稿: 浦島太郎 | 2007年6月 9日 (土) 13時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202973/14031288

この記事へのトラックバック一覧です: クレディセゾンとバンガード(その3):

« FX投資は儲かるか? | トップページ | ご当地ファンドの矛盾 »