« 海外ETF投資の配当金と税金 | トップページ | インデックスファンドがベンチマーク通りに回らない理由 »

2007年3月18日 (日)

日本の海外株式ファンドの実力

日本の海外株式ファンドについて、ブログの中で、「悲惨なパフォーマンスしか示せない」などと述べたりしていますが、ここでその現実を再度確認するために、日本のモーニングスターのホームページを使ってパフォーマンスを調べてみました。

このホームページで、国際株式・グローバル(F)という条件で検索し、為替ヘッジをしない国際株式ファンドを検索しました。すると、日本除く海外株式ファンド(コクサイ)と日本含む海外株式ファンド(ワールド)が出てきました。このファンド群の中から、5年以上のトラックレコードがあるファンドを抽出し、また特殊なカテゴリーに投資するファンドやDC年金用のファンド等、個人が買えそうにないファンドを取り除くと、36個のファンドが残りました。

さて、結果はいかに。

その結果をお示しする前に、比較の基準となるベンチマークの値をお示しします。

MSCIコクサイの過去5年の年率リターン:8.43%

(中央三井外国株式インデックスファンドのマンスリーリポートより計算)

MSCIワールドの過去5年の年率リターン:6.59%

(MSグローバルバリューエクイティオープンのマンスリーリポートより計算)

このそれぞれのベンチマークを上回ったファンドからご紹介します。

MSCIコクサイのベンチマークを上回ったコクサイカテゴリーのファンドはただ1つ。

朝日N-vest グローバルバリューオープン:15.67%

MSCIワールドのベンチマークを上回れたワールドカテゴリーのファンドはたった2つ。

AIGワールド株式オープン:9.04%

グローバル・グロース・オポチュニティーズ:7.99%

日本の海外株式ファンドの代表格である中央三井外国株式インデックスファンドはコクサイのカテゴリーで、朝日N-vest、日立外国株式インデックスに続き3位で7.02%でした。

また、このコクサイのカテゴリーでは、

2位:日立外国株式インデックス:7.45%

3位:中央三井外国株式インデックス:7.02%

4位:りそな/SS外国株式インデックス:6.95%

5位:すみしん外国株式インデックス:6.92%

6位:PRU外国株式マーケットパフォーマー:6.72%

7位:ステート外国株式インデックス:6.64%

8位:ドイチェ・世界株式F(インデックス連動型):6.53%

のように、インデックスファンドが2位から8位まで軒並み上位を占めていました。すなわち、9位以下に殆どすべてのアクティブファンドがひしめいていることを意味します。海外株式ファンドにおいてもインデックス運用の有利性は明白です。

それでも、ベンチマークの8.43%と比較すると、インデックスファンドと言えどもパフォーマンス劣位は明らかです。

海外株式ETFの必要性と価値がここにあります。

また、ベンチマークを大きく上回っている朝日N-vest、AIGワールドともに、バリュー株への投資にフォーカスしていること、両者とも海外のバリュー投資に定評のある運用会社に実際の運用を再委託していることが共通しています。(日本の投資信託会社に中抜きされず、直接これらの有能な海外の投資信託会社のファンドに投資できればどんなによいかと思うのですが。)

ちなみに、左のタブでご紹介している米国で買える推奨ファンドの過去5年間の年率パフォーマンスは円建てに直すと以下の通りでした。

PGVFX(中型バリュー世界株):16.85%

VHGEX(大型バリュー世界株):14.76%

(MSCIワールドの年率リターン:6.59%との比較数値となります。)

このような例を見てもバリュー投資の優位性が見て取れます。

最後に、抽出した36本の日本の海外株式ファンドの平均パフォーマンスは5.37%、最悪のパフォーマンスは-1.03%でした。

インデックス運用の有利性やバリュー投資の優位性、運用コストの重要性がとてもよくわかる結果です。

|

« 海外ETF投資の配当金と税金 | トップページ | インデックスファンドがベンチマーク通りに回らない理由 »

コメント

VMaxさん
いつも拝見させていただいております。今回の記事は大変参考になりました。「ファンドの海」さんの過去の記事と共に勉強させていただきます。
http://www.fund-no-umi.com/blog/2005/07/post_5e17.html

インデックス・バリュー投資を組み合わせる事が有効と思っていましたが、数字的な根拠を説明されているのはさすがです!これからも拝見させていただきます。

投稿: takenuko | 2007年3月18日 (日) 21時12分

takenukoさん、コメントありがとうございます。私もtakenukoさんのブログをいつも拝見させていただいております。
「ファンドの海」さんの内容等からしますと「インデックスファンドがベンチマーク通りに回らない理由」といった内容が見ていただく方のお役に立てそうですね。
近い将来、このテーマで書いてみようかと思います。

投稿: VMax | 2007年3月19日 (月) 07時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202973/14301572

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の海外株式ファンドの実力:

« 海外ETF投資の配当金と税金 | トップページ | インデックスファンドがベンチマーク通りに回らない理由 »