« 為替の円安と為替変動の長期的影響 | トップページ | 今後の投資方針 »

2007年4月13日 (金)

楽天証券口座開設手続きを開始しました。

ちょっと前に下のリンクのように、ファンドから海外株式ETFに乗り換えることによる、長期投資における信託報酬節減の効果を試算し、海外ETFに乗り換えるべきか否かといった、商品乗換えにかかる将来シミュレーションをしました。

http://max999.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_ea3d.html

あらためてこういった試算をしてみると、トヨタ・バンガード海外株式ファンドでトヨタアセットに年1%程度も抜かれているのが、本当に我慢ならなくなってきました。また同時に、長期的にこれほどパフォーマンスの差のつく、個人投資家にとってすばらしい投資の道を初めて開いた日本証券会社である楽天証券の英断を、我々個人投資家が動かないことにより他の証券会社に無視を決め込まれ、結果的にその英断が無駄に終わってしまわないように、我々個人投資家の意思を態度で示す必要があると思うようになってきました。

日本の海外株式インデックスファンドのパフォーマンスの無様さと、USETFの優れたパフォーマンスを再確認いただくには、それぞれ以下のリンクをご参照ください。

http://max999.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_16aa.html

http://max999.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/usetf_b23b.html

私の日本の証券会社の資金など、ネット証券業界にとっては米の一粒のようなものだけれども、その1人1人の行動が、塵が積もって山となり、ひいてはこの業界全体に変化を与える力となることを願いつつ、楽天証券の口座開設手続きを開始しました。

ということで、マネックスさん、トヨタアセットさん、さようなら。

楽天証券さん、これからどうぞよろしく。

|

« 為替の円安と為替変動の長期的影響 | トップページ | 今後の投資方針 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202973/14666418

この記事へのトラックバック一覧です: 楽天証券口座開設手続きを開始しました。:

« 為替の円安と為替変動の長期的影響 | トップページ | 今後の投資方針 »