« 結果論(その2) | トップページ | 借金時計 »

2007年8月 2日 (木)

サブプライム第二波

昨日は、アジア、ヨーロッパともに、サブプライムローン問題で第二波がきましたね。

柳の下をきちんと自分で納得行くまで確認したい派なので、このような情報を押さえて、その影響を自分で考えていきたいと思っています。(市場の感情的な反応の程度ではなく、現実の経済的影響をですが)

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20070801AT2M0100H01082007.html

http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-27170920070801

http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-27171120070801

国際分散、インデックスの長期投資であれば、超長期投資においてはしょせんさざ波だとして、このような情報を全く無視することもありだと思います。その場合は、やっぱり直近株価の変動もいっしょに無視する必要があると思います。

最悪なのが、どっちつかずで、感情的な市場の動きや、無責任で低レベルな雑誌や新聞の情報に振り回されて不安を煽られ、ポジションを切ってしまうことだと思います。ここは、きっちり態度を決めて、柳には決して近づかないか、柳の下を自分で納得行くまで確認するか、どちらかの態度で臨むのがよいのではと考えます。どちらの方法論も目的は同じ、市場の狂気に巻き込まれないためにすることです。

|

« 結果論(その2) | トップページ | 借金時計 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202973/15977642

この記事へのトラックバック一覧です: サブプライム第二波:

« 結果論(その2) | トップページ | 借金時計 »