« サブプライム第二波 | トップページ | ジョン・ボーグル氏の台詞 »

2007年8月 4日 (土)

借金時計

このニュース、ちょっと笑えたのでご紹介します。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070731-00000009-mai-bus_all

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070731-00000087-jij-pol

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070803-00000118-jij-pol

何だか、通信回線が持たなかったようで、2時間半でアウトと相成った模様です。

元々の主旨が、何だかなあという気がします。

例えて言えば、効率性や費用対効果も考えずカネを使い、仕送りを使い果たしてサラ金に手を出した放蕩息子が、「サラ金への借金の利子が毎日これだけかかっている。急いで金送れ」と言おうとしたら、電話が止められ、手紙を送ろうとして財布を見たら切手すら買えない額しか入ってなかったといったところでしょうか。

この放蕩息子は、実家に「金送れ」というためだけに新たな借金をするに違いありません。全然問題解決になっていません。

国も、国民に対して「金おくれ」というためだけに、通信回線増強をして税金をどぶに捨てて、また借金時計サイトを再立ち上げするのでしょうか。どうもそのようです。

http://www.mof.go.jp/oshirase.htm

うーん、まさに本末転倒。こんな無駄にお金を捨てる愚だけは冒してもらいたくありません。

しかし、放蕩息子はその放蕩度合いをさらに増していくようです。問題の根本原因が棚上げされたまま。

|

« サブプライム第二波 | トップページ | ジョン・ボーグル氏の台詞 »

コメント

VMAX様

まあ財務省というのがいかに財政再建を至上命題にしているか分かる話ですね。組織の形態上言わなければならない立場なのは分かりますが早急な財政再建(消費税の引き上げなどを急にやること)はデフレが解消するまでは殆ど全ての日本人にとって有害ですから勘弁してもらいたいですね。どうせ財政赤字などどうにでもなる話ですし。

しかしサイト落ちとはなんとも間抜けな話ですね(笑)これこそ税金の無駄です。

投稿: ROM人 | 2007年8月 5日 (日) 00時02分

はじめまして、こんにちは。
いつもブログを拝見させて頂いてます。
平成9年に衆議院の公聴会の場で借金時計の作成について発言がありましたが、ボツになりました。
その後、下記サイトが私的に運営されてるのですが内容は違うものなのでしょうか?
http://www.takarabe-hrj.co.jp/clock.htm

投稿: ヘタレ山女魚 | 2007年8月 5日 (日) 08時31分

ROM人さん、ヘタレ山女魚さん、コメントを残していただき、ありがとうございます。

今回の財務省の作ったサイトのような内容は、ずいぶん前から、いくつかのサイトですでに行われていました。
私も、何かの機会に以前見たことのあるサイトがあると思いますが、以下のブログにこれらサイトがきれいにまとめられていると思います。

http://fund.jugem.jp/?eid=431#sequel

内容は、どれも似たようなものだと思いますが、定義や範囲、出典等の差により、それぞれ違った数値が示されているのかもしれません。

ご参考まで。

以上、よろしくお願いいたします。

投稿: VMax | 2007年8月 6日 (月) 18時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202973/16002410

この記事へのトラックバック一覧です: 借金時計:

« サブプライム第二波 | トップページ | ジョン・ボーグル氏の台詞 »