« あやしいメール(その2) | トップページ | 一生お金に困らない人のシンプルな法則 »

2007年9月30日 (日)

本源的な価値を見据えること

今日の日経新聞の朝刊一面に「日本株出遅れ」という記事で、世界の主要市場で日本株の今年のパフォーマンスが20国中、19位であることを取り上げています。

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070930AT2D2900429092007.html

以前、日経新聞が7月に同様な比較記事を書いたときに、当ブログでそれを取り上げ、実は通貨を揃えれば日本のパフォーマンスは最下位であること、投資家の手取りのリターンを考えるときには、通貨を揃えて比較しないと全く意味がないことに触れました。

http://max999.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/test.html

このポイントは、今回の比較記事でも生きています。

例えば、米国市場ETFで各国市場ETFのパフォーマンスの比較を年初来で行うと以下のようになり、今回も日本は圧倒的な最下位です。

http://finance.yahoo.com/charts#chart10:symbol=ewj;range=20070103,20070928;compare=fxi+ewy+ewh+ewz+inp+ews;charttype=line;crosshair=on;logscale=on;source=undefined

http://finance.yahoo.com/charts#chart23:symbol=ewj;range=20070103,20070928;compare=ewt+eza+ewg+ewa+ivv+ewc+ewn;charttype=line;crosshair=on;logscale=on;source=undefined

http://finance.yahoo.com/charts#chart36:symbol=ewj;range=20070103,20070928;compare=ewd+ewu+ewq+ewp+ewl+ewi;charttype=line;crosshair=on;logscale=on;source=undefined

(最初のグラフが、記事の1位~6位、二番目が記事の7位から13位、3番目が14位から20位の国のパフォーマンスを日本のそれと比べています。なお、この比較では中国本土株の代わりに、香港市場上場中国株であるFXIを用いています。)

今も、年初に目をつぶって今年の投資国を選べば、そのリターンは日本株よりはるかに良かったという状態は継続しているわけです。

これは、日経新聞が言うように、日本株が「出遅れ」なのでしょうか?

例えば、日本株出遅れの要因の1つとして囁かれている、郵政の日本株売り(そして、10月民営化後からの日本株買い期待)があります。

10年~30年といった長期投資、そしてバイアンドホールドの国際分散投資を指向している場合は、ある意見や情報が、その株式の本源的な価値にかかわる情報か、そうではなく市場のセンチメント(市場の割高割安)にかかる情報でしかないのかというのは、しっかりと見極める必要があると思います。

なぜなら、市場は時に割安に売り叩かれ、また割高に買い上げられたりしますが、超長期の継続保有においては、その市場のアップダウン要因は投資成果にはまったくといってよいほど影響を与えないからです。(このポイントは最近のJ.ボーグル氏の著書にも書かれていたようですね。)

超長期の運用においては、そのような市場のセンチメントの上げ下げ要因はきれいに消え、その国の市場のそれぞれの企業群が利益を上げたその能力に株式市場パフォーマンス結果は近似します。

100円しか価値のないりんごが1000円で取引されるようなバブル状態も、逆に10円でしか取引されない恐慌状態も、長続きはしないわけです。

そこで、今回は、長期投資家にとっての本源的な価値に着目する目的のために、USのisharesのETFサイトにいって、8月末のデータからUS市場の各国市場ETFのROEをざっくり計算してみました。ROEはおおまかに表現して、株主資本を毎年どれだけの率で回しているかという指標になります。例えば、ROEが20%で回っているのに、株式が-10%のリターンを示し続ければ、あっというまに株主資本が株価を超えてしまいますので、合理的な取引市場では、長期的にはそのような状態は継続できません。逆にいうと、長期的に見れば、その国の株式の実現するROEリターンは株式リターンの源泉となっているとも言えると思います。ROEがその国の株式群の本源的な価値を測る指標になっているものと考えられるわけです。

その計算結果は以下の通りでした。

香港上場中国株:18.3%

韓国:14.0%

香港:25.8%

シンガポール:19.0%

台湾:18.5%

南アフリカ:25.3%

ドイツ:14.4%

オーストラリア:23.0%

アメリカ:20.6%

カナダ:15.8%

オランダ:21.6%

スウェーデン:29.3%

英国:25.6%

フランス:14.5%

スペイン:25.0%

スイス:21.0%

イタリア:15.3%

日本:9.8%

(ブラジル株ETFはデータが無かったため、またインドはisharesがUS市場でインド株ETFを販売していないため、その計算結果を載せていません。)

日本のEWJのETFのROEだけが一桁の値で、あとの全ての国のETFのROEが軽く二桁(全ての国が14%以上)になっています。

本源的価値に着目すれば、もし、日本とその他各国の長期の株式市場の企業群の実力が、この足元のROEの計算結果通りの傾向であったとしたら、日本株の長期のパフォーマンスが対各国比で優れないのも、ある意味妥当な結果なのではないかと思います。

マーケットタイミングというゼロサムに賭ける投資家はともかく、そのゼロサムゲームに参加しない意志を貫こうとする長期投資家にとっては、本源的な価値に関係することと、関係しないことをきちんとより分けていく姿勢が、その投資目的を貫徹させるためには、重要なことだと思います。

個人的には、今の足元の日本の株式会社群の出力(ROE)が、不景気その他の要因で、実力を大きく下回った異常値を示しているとは思えません。

したがって、日経新聞の記述に対する上記分析からの当方意見は、「日本株は出遅れているのではなく、実力通りのパフォーマンスを、今年も各国対比で示しているにすぎない可能性が高い。」というものになります。

やっと、結論にたどり着きました。今後、郵政が日本株を狂ったように買い上げようとも、全ての株はいずれ本源的価値に収束するのですから、ゼロサムゲーム(実際はコスト分だけマイナスサムゲーム)に参加することを止めた長期投資家である当方は、今までと同じく、本源的な価値のあやしい日本株に自身の資産の多くを割り当てることはないと思います。

|

« あやしいメール(その2) | トップページ | 一生お金に困らない人のシンプルな法則 »

コメント

こんばんは
アメリカや日本のROEのデータは見た事が有りましたが。新興諸国やヨーロッパの国別のROEデータは見た事が無かったので、参考になりました。

投稿: staygold | 2007年9月30日 (日) 23時11分

はじめまして。
資産の運用についてのセミナーが会社であり。
少し気になったので、いろいろ知りたいなと想ってたらこのブログを見つけました。なにやら難しそうですが・・・ただ素人なので、何から初めてよいやら。。資産運用を始めるのに何かお勧めの本があれば教えてください。。

投稿: まりも | 2007年9月30日 (日) 23時39分

VMAX様

いつもお世話になっております。ROM人です。

ROE比較を全世界で見たのが初めてだったので興味深いです。やっぱり日本の会社は過去の事業以外の資産とデフレもあって利益効率が悪いのが見えますね。

ところでこう考えるとROEの高いところに多めに資金を配分すれば利回りが上がることになると思いますが同時に小さな市場の資産を多く組み入れるのはリスクが大きいような気もします。またROEが常時そのままとも思えないのでその変動にも対処しなければなりません。VMAX様は長期投資家の立場としてはROEが低下したら資産配分を抑え、また上がりそうなら少し比率を上げるようなことはするべきだと思いますか?(この対極は世界GDP比に資産を配分)ご意見をいただければ幸いです。

投稿: ROM人 | 2007年10月 1日 (月) 02時10分

ROM人さん、いつもどうもです。

このブログを継続的に読まれていたらすでにおわかりかもしれませんが、当方は、時価総額比例で自身の世界株のポートフォリオを組んでいません。

様々な理由でわざと標準的な時価総額比例ポートフォリオから崩しているのですが、日本株の場合はまさにこのエントリーで書いているような要因が主因でその比重を軽くしています。

日本株の収益性の低さは、母国の事なので結構身にしみて感じており、またこの傾向が容易に改善するとは思えないため、自身のポートフォリオにその考えを反映させています。つまり、私は、日本株のROEが低い間はアンダーウェイトにしておき、ROEが上がったら、あるいは上がりそうに感じたら、オーバーウェイトにしようと、あらかじめ考えているわけではありません。
どちらかというと、日本株のROEが世界のその他の株式市場並み以上になることはないんじゃないかと思って、日本株比率を考え、設定しています。

他方、そのようなことは全く読めないし読むべきでないとして、時価総額比例あるいはGDP比例のポートフォリオにするのも、ある意味立派な見識、スタンスだと思います。これは、正統派のスタンスですね。当方は残念ながら、日本株に対してそのようなスタンスに立てないのですが。

逆に、その本国に住んでいるという理由だけで、本国株式資産を世界時価総額比例等よりも多めにすべきという論理には、個人的にあまり合理性は感じられず、ホームカントリーバイアスを積極的に許容する、一般の人間心理的心地よさを重視し、合理性を犠牲にした対応のように思えます。

おっしゃるような、ROEの将来見込みに合わせてダイナミックにポジション調整するやり方が機能するのかどうかは、個人的にはよくわかりません。
各国に対して、ROEの将来見込みを自信をもって持つことも、結構ハードルが高いような気もします。現実的には、できる範囲でやるのもありかもしれないですが、一時的なROE低迷といった事象でポジションをばたばたさせるのは労多くて益少なしといった結果になりそうな感じもします。論理的根拠はなく、単なる感じでしかありませんが。

なんだかあいまいな回答になってしまいましたが、こんなところでいかがでしょうか。

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: VMax | 2007年10月 1日 (月) 23時00分

よくよく考えてみるとROE基準の調節方式もアクティブ運用のように成果に見合うだけの利回り向上が得られると保証は無いですね。我ながら間抜けな質問をしてしまいました、お許しください。

やたらと売り買いをしてコストをかけて運用することは愚策である。だけど時価総額式で運用しないとなると資産配分を決める時だけは悩まないといけない。資産配分とは結局自分の世界観の鏡で投資の果実はその通信簿なのかもしれませんね。

変なことを喋ってしまいましたw 今後も楽しい記事を楽しみにしています。では

投稿: ROM人 | 2007年10月 2日 (火) 03時07分

はじめまして。
最近、こちらのブログを読ませてもらうようになった者です。

各国ROEの具体的な数字、面白かったです。

日本企業のROEについて触れた記事を前に読んだことがあり、そのURLを貼ってみます。

【NBonline SPECIAL】
『世界における日本市場のポジションとその構造的要因』
http://business.nikkeibp.co.jp/as/0705sem/kyousan/lec_05.html

また、iSharesのインドETFは次のものがあるのではないでしょうか?

Bloomberg.com: iShares BSE SENSEX India Tracker
http://www.bloomberg.com/apps/quote?ticker=2836:HK

投稿: minoru | 2007年10月 3日 (水) 00時50分

minoruさん、はじめまして。

記事情報と香港市場ETFの情報ありがとうございます。

香港市場のインド株ETFの存在は知っており、買える環境にもあるのですが、正直、香港市場ETFは利用していないため、当エントリーではノーケアでした。

当方が参照したisharesのサイトはUSのサイトですので、US市場で買えない他国市場のisharesETFのデータは、残念ながら載っていません。

上記の点、当エントリーを読んだ方が誤解をされないように、文章を直しておきます。

以上、よろしくお願いいたします。

投稿: VMax | 2007年10月 3日 (水) 21時43分

まりもさん、はじめまして。

>資産運用を始めるのに何かお勧めの本があれば教えてください。

簡単そうに思えて、非常に難しいリクエストですね。(笑)

お返事するのに、かなり時間が経ってしまいました。まだ、ごらんになっているかどうかはわかりませんが、いろいろ考えて検討した結果、以下の本をお勧めしたいと思います。

「会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方」-中桐 啓貴氏著

大都会?の非常に大きな本屋で探してみたのですが、その本屋の中で個人的に合格点を出せる本はこの一冊だけでした。

さらに、「国際分散投資」「ETF」というキーワードについてよりつっこんで勉強されると良いと思います。

以上、よろしくお願いいたします。

投稿: VMax | 2007年10月 5日 (金) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202973/16616577

この記事へのトラックバック一覧です: 本源的な価値を見据えること:

« あやしいメール(その2) | トップページ | 一生お金に困らない人のシンプルな法則 »