« インフレの芽?(その4) | トップページ | 食糧争奪 »

2007年9月23日 (日)

インフレの芽?(その5)

値上げのニュースはひたすら続きます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070921-00000113-yom-bus_all

その原因としては、石油関連と小麦等の農業品が元となっている場合が多いですね。(飼料高は肉類の値上げにもつながるでしょうし。)

新興国の発展⇒石油⇒農業品⇒肉類への波及といった値上げの流れは、そのストーリーがかなり明確なようにも思えますし。

うーん、やはりこれだけ明確だと、DBAあたりに投資しておけと執拗に言われているような気がします。石油関連株はすでにポートフォリオに十分ありますし。観念して、商品への投資へ踏み込んでしまうかもしれません。

この原因のはっきりとした物価値上げ傾向(しかも、ピンポイント)のヘッジには、DBAとDBE(特にエネルギー関連に既存エクスポージャーのあまりない方)のようなETFは確かにベストフィットだと思います。これは、本当に悩みます。さて、どうしますか。

この方面、さらに勉学に励んで決めたいと思います。

以下は、おまけです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070922-00000056-jij-bus_all

|

« インフレの芽?(その4) | トップページ | 食糧争奪 »

コメント

いつも楽しく読ませていただいています。

私もブログを書いているので、是非相互リンクをお願いしたいと思いコメントさせていただきました。
よろしくお願いします。

投稿: 株で生きると誓った大学生の日記 | 2007年9月24日 (月) 13時21分

いつも楽しく拝見させております。
日本で購入できる、できれば楽天証券でDBAとDBEに近い商品はございますでしょうか?ETFに限らず投資信託でもかまいませんが。また、自分の資産にどのくらい持つのがよろしいでしょうか?
27歳男単身です。おおよそで構いません。よろしくお願いします。

投稿: 波乗り投資家 | 2007年9月26日 (水) 10時17分

智樹さん、はじめまして。

当ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

相互リンクのご依頼をいただき、非常にありがたく思います。
ただ、貴ブログを拝見いたしましたところ、投資のスタンスというか方向性がかなり異なるように思います。
その事自体は、なんら不思議も問題もなく、様々なすばらしい投資スタンスが世の中に共存していてしかるべきだと思っております。

しかしながら、当ブログはできるだけ似たような方向性の情報等を効果的に集積させることによって、当ブログの提示した方向性の投資を指向する方に資することを目指しています。

なので、今現在は、リンク情報についても、当ブログの投資の方向性に資すると思われるブログに限定したいと考えております。勝手を言いまして申し訳ありませんが、ご理解いただけますと幸いに存じます。

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: VMax | 2007年9月26日 (水) 11時02分

波乗り投資家さん、はじめまして。

楽天証券で買うのであれば、商品全体に投資するETFとしてGSGがあると思います。

当方は、個人的にエネルギー株のエクスポージャーが多いため、DBA(農業品ETF)を検討しているのですが、そのような特殊な既存ポートフォリオ状況にない通常の方の場合は、商品全体に投資するGSGのようなETFが適切な場合が多いのではと推測します。

残念ながら当方は、日本の証券会社等で、商品の各小区分(エネルギー、農業品等)に投資する手段を知りません。(もしかしたら、その手段はどこかにあるのかもしれません。)その点、ご了承ください。

商品の適正比率については、実際、神のみぞ知るというところだと思いますが、以下のブログのリンクのイボットソンの分析が参考になると思います。

http://blogs.yahoo.co.jp/the_beach_ossan/1488906.html

その分析の前提の下で、資産の1割から3割程度が妥当という分析結果のように、私は理解しました。

このイボットソンの分析は、正直ものすごく勉強になりました。商品というビークルにも、きちんと解明しきれていない過去のリターンスプレッドが存在しているようです。また、これをご紹介してくださった、上記のブログの方にも感謝です。

以上、ご参考になりましたら幸いです。

投稿: VMax | 2007年9月26日 (水) 11時32分

さっそくありがとうございます。
私も夜に詳しくゆっくりと読んでみたいと思います。貴重な情報ありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。

投稿: 波乗り | 2007年9月26日 (水) 11時55分

いつも楽しみに読ませていただいております。また少し脇道になると思いましたが、質問させていただきます。

昨今の「インフレの芽」は原油など原材料の値上げが主因ということですが、通貨としての「円の堕落」も、将来的なインフレ懸念の原因ではないかと危惧しています。そこで、巷間よく言われておりますように、通貨も分散して持つ(円+米ドル+その他通貨)ように心がけてきました。具体的には海外の証券会社等で、ドルやユーロでETFやインデックスファンドを買うという行為だったのですが、これは、あるいはあまり意味のないことだったのでしょうか。

といいますのは、Vmaxさんが以前に書かれていましたが、

「楽天証券のSPY+EFAのETFに投資することにより、世間の世界株式ファンドビークルの大半に勝てるポートフォリオを組むことができると思います。なので、お勧めとしては楽天証券やイー・トレード証券等、日本の証券会社を用いてETFに投資するのがよいと思います」

このように日本でETFなりを所有していれば、わざわざ海外証券口座でドル建てのETFを買うまでもなく、通貨の分散効果がある、ということなのでしょうか。

たとえばヨーロッパ株に投資するファンドなどを日本の証券会社で円建てで買った場合、このファンドは円建てではあるけれど、実際は、ユーロ建ての資産を持っているのと同価だという理解でいいのでしょうか。その理由は、ユーロ高、円安が起こったら、このファンドの基準価額は大きく上昇すると思われるからです。

きわめて初歩的なことを聞いている気もしますが、インフレ論議を読むにつけ、通貨の分散の意味の、根本的なところを理解していない気になったため、お伺いしました。

投稿: 西中野 | 2007年9月27日 (木) 04時05分

西中野さん、いつもどうもです。

ご質問の件、西中野さんが、コメントの最後の方でで書かれている通りのご認識でよいと思います。

例えばヨーロッパ株式ファンドが100ユーロのA会社の株式100株持っていれば、このファンドは10,000ユーロの資産を保有していると表現することもできますし、1ユーロ150円であれば、1,500,000円の資産を有していると表現することもできます。

どちらで表示しようが、A会社の株に100株投資しているという本質には変わりないため、投資対象が同じである限り、ユーロ建てのファンドでも、円建てのファンドでも、投資結果は理論的には全く同じになります。(手数料や為替コストの差等は無視します。)

これに類する話は、以前当ブログでも取り上げています。

http://max999.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_8f8f.html

http://max999.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_b923.html

ただ、日本国内の証券会社をはみ出して、世界の証券会社や銀行等と取引することの便益はその他にたくさんあると思います。
たくさんありすぎて、1つ1つ挙げていくときりがないので止めますが、意欲と語学力と起こり得る事象やトラブルに対する十分なコンティンジェンシープランを備える方には、日本の証券会社をはみ出して世界に口座を作ることのメリットもまた、多大なものがあると、私は考えています。

例えば、US市場にアクセスすることが、世界にアクセスする最も効果的、効率的な手段である状況は今も変わりないと思います。また、日本の証券会社に投資ビークルを制限されることのデメリットは今も相変わらず存在し続けていると思います。

私がUS口座を作って一番良かったと思うのは、「はかり知れないほどの勉強になった」ことです。
選択肢がなければ、考えても無駄なので、人間は考えることを止めてしまいます。世界で最も進んだ米国市場に口座を作ることに始まって、私が今まで結果的に得ることができた知識は、もし過去にUS口座を作ることを断念してしまっていたとしたら、おそらくほとんど得られていなかっただろうと思います。

下手したら、今でも国際分散投資などやっていなかったかもしれません。日本の海外インデックスファンド、アクティブファンドのパフォーマンスのひどさは、昔からとても良く知っていましたので。

もし、今も日本株でタイミング投資などやっていたらと思うと本当にぞっとします。おそらく、今でもフィナンシャルフリーダムなど私には夢のまた夢だったと思います。

世界に口座が分散されていることのメリットもまた、いろんな意味で多大なものがあると思います。

ぜひ、そのようなメリットを満喫されてはと思います。

余計なことを多々書いてしまいましたが、失礼な表現等ありましたら、お許しください。また、若干でも参考になる部分等ありましたら、幸いに思います。

以上、今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: VMax | 2007年9月27日 (木) 19時49分

VMaxさん

失礼しました。そうでした。ご指摘の記事は以前も読んでいて、そのときは納得していたはずなのでした。インフレと聞き、浮足立って、赤面の至りです。

私も、ひょんなことから米国に口座を開き、何がいちばん良かったかというと「勉強になる」ということです。「投資=金儲け」ではなく、「投資=独立不羈、気概」と考えるようになりました。今後もこちらで勉強させていただきたく、よろしくお願いいたします。ありがとうございました。

投稿: 西中野 | 2007年9月28日 (金) 08時02分

いつも楽しみに読ませていただいております。
私のブログにふれていただきまして、
おかげさまでお客さんが増えました。
どうもありがとうございました。

今後とも、勉強させてください。
よろしくお願いします。

投稿: the_beach_ossan | 2007年10月 2日 (火) 15時44分

the beach ossanさん、はじめまして。

こちらこそ、勉強させていただきありがとうございました。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: VMax | 2007年10月 3日 (水) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202973/16549823

この記事へのトラックバック一覧です: インフレの芽?(その5):

« インフレの芽?(その4) | トップページ | 食糧争奪 »