« 「長寿投信」販売が低迷 | トップページ | 大証ETF »

2007年10月 4日 (木)

インフレの芽?(その6)

さらに、目に付いた値上げ関連のニュースを挙げておきます。

<食品の値上げ続く・日水やプリマハムなど、原料高でコスト増>

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20071002AT1D0108O01102007.html

<日本製粉、業務用小麦粉を値上げ・11月から>

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20070926AT1J2600526092007.html

<コクヨS&T、紙製品15%値上げ・原料高転嫁>

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20070925AT1D2507E25092007.html

<明星食品、即席めんを10%値上げ・原材料の価格高騰>

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20070925AT1D2506125092007.html

値上げの原因は、ほんと、判で押したように同じですね。

ついでに、以下は今までなかなか値上げできずに、食品会社が苦しんでいたことがわかるニュースです。

<日清食<2897.T>売り気配、営業益18%減との報道>

http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPnTK003118220071003

|

« 「長寿投信」販売が低迷 | トップページ | 大証ETF »

コメント

こんにちは、水瀬です。

この「インフレの芽?」シリーズ記事は、デフレに慣れて資産運用を学ぼうとしない人々に対する、VMaxさんなりの警鐘なんだと理解しています。

後になって、「ホレ見たか」とVMaxさんが言える可能性が高い記事だと個人的には思います。

投稿: 水瀬 ケンイチ | 2007年10月 4日 (木) 19時57分

インフレの芽のシリーズ記事を参考にさせていただいてます、私の日常生活での出来事で申し訳ないのですが7歳の子供が「短い短い!」妻も「本当!そんな気がする!」何事かと思って尋ねたら「じゃがりこ」と言うスティクで油の固まりのお菓子が短くなっているようで、インフレや物価上昇の内容や理由などを説明したところ子供ながらに心配していました
お菓子の料が減ることに心配なのか将来に対して心配なのか?、しかし子供ながらに重要問題だと感じていたようです(失礼しました)
VMmaxさん、一生お金に困らない人のシンプルな法則―究極のミリオネア入門を読んでいます
まだ半分程読んだだけですが、VMmaxさんの書評がありましたら記事にして下さい

投稿: tak dc | 2007年10月 6日 (土) 13時15分

水瀬さん、コメントありがとうございます。

だんだん、この視点も広がってきているようで、今日の日経新聞朝刊にも、資源、食料品等に関するファンドに着目した記事がありました。

これ自体は非常に良い傾向だと思っていますが、日本人一般を想定すれば普通は、水瀬さんがコメントで触れられている通り、きちんとしたリスク資産ポートフォリオを構築するのが先じゃないかなとも思います。

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: VMax | 2007年10月 7日 (日) 10時59分

tak dcさん、いつもどうもです。

tak dcさんのお子さん、とても鋭いですね。(私の子供もじゃがりこは大好きです。)
今度、注意して見て見ようと思います。

「一生お金に困らない人のシンプルな法則」については、既に読み終えており、やはりとてもよい本だと思いました。機会あれば、追加の書評を書いて見ようと思います。

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: VMax | 2007年10月 7日 (日) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202973/16639513

この記事へのトラックバック一覧です: インフレの芽?(その6):

« 「長寿投信」販売が低迷 | トップページ | 大証ETF »