« firstrade口座開設ガイド本 | トップページ | いかにもという感じ »

2007年11月30日 (金)

気になる上海(その3)

ロイターで、中国本土株の最近の不調が取り上げられています。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-29138020071130

それにしても、中国本土におけるペトロチャイナって、バブル時代の日本のNTTと非常にかぶって見えるのは私の気のせいでしょうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071105-00000089-reu-int

http://search.cn.yahoo.com/search?ei=gbk&fr=fp-tab-web-ycn&pid=ysearch&source=yahoo_yhp_0706_search_button&p=%D6%D0%B9%FA%CA%AF%D3%CD

中国本土市場でのIPO初値48.6元から、今日の引けの31.52元まで、1ヶ月弱で実に35%以上下がってしまいました。これでも香港市場の価格に比べると約2.2倍の割高価格ですし、まだ中国政府が86%くらい株式を保有しているようですから、中国市場においてIPOによりPER50倍程度で始まったペトロチャイナは、まさに過去のバブル崩壊とともに天井価格の300万円超という高値からつるべ落としに落ちてきた、日本のNTTと同じ運命になりそうな気がして仕方がありません。

http://fx-blog.jp/murata/index.php?ID=188

また、最初の記事で、直近の中国本土株の不調についてはロイタージャパンがさっそく取り上げていますが、まさに今週末の日経新聞とかが喜んで取り上げそうな話題です。

もし、日本の新聞が喜んでこのニュースをセンセーショナルに取り上げたりすると、日本の中国株ファンドを保有しているどちらかというと何も知らない一般の日本人が、来週あたりあわてて中国株ファンドを売りに回る可能性が結構あると思います。そうすると、日本の中国株ファンドの大半は、中国本土株ではなく、香港市場中国株に多くの資金を投資していますので、香港市場のH株やレッドチップが付和雷同の日本人投資家の理不尽な売りを浴びて、試練の時を迎えそうな気がしています。

まさに、「風が吹けば桶屋が儲かる」式の理屈ですが、日本人の中国株ファンドへの投資残高は1兆円を超えているらしいので、付和雷同型の日本人投資家群が新聞に煽られたりして売りに回ると、そのインパクトは決して無視できない可能性があると思います。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071120-00000753-reu-bus_all

日本の一般的な中国株ファンドが重点的に投資しているH株やレッドチップのペトロチャイナやチャイナモバイルなどの時価総額を合計するとどれくらいになるのかちょっと正確な数字は拾えませんでしたが、おそらくせいぜい数十兆円程度のオーダーのように思います。両者の規模からすると日本の投資家の行動は香港市場中国株に少なからぬインパクトを与える可能性があると思います。

確か、「日本人とアラブ人が出てきたら相場は終わり」などという、不名誉な言葉があるみたいですが、今回の香港市場中国株については、逆に「日本人がパニック売りしたら相場は底」になるかもしれませんね。

12月がどんな相場展開になるのか今から楽しみです。

最後に、この記事を載せておきます。

http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-28333920071014

後からあらためてこの記事を見直すと、バフェット氏と一般のファンドマネージャー達の投資態度の差と、おそらくはそれによりもたらされるだろう両者の運用成果の雲泥の差が推測され、いかにも面白い記事です。

|

« firstrade口座開設ガイド本 | トップページ | いかにもという感じ »

コメント

確か上場時は時価総額100兆円でしたっけw トヨタ5個分とか、世界一の石油会社エクソンが買収できるとかどー考えてもそんな価値無いだろと思いますが案外早く萎みましたね。

記事を読んだら新興国投信が毎月5000億も増えているとありますからいかに時価総額が増えたかわかりますね。なんでも北米でも毎月新興国投資が5000億とか流出していったとありましたのでその分が押し上げてくれたのかもしれませんね。(もしかして日本の個人投資家史上初の先回り投資w)

神様達(バフェットら著名投資家)とFMたちを比較するとどうしても時間軸が違うんでしょうね。今思い起こせばバフェットは3年前からドル安と言って海外投資の加速化と株価が高いと言ってキャッシュを山のように積み上げていました。ジムロジャーズも3年ほど前から商品の時代だと主張しさらに当時から中国株についても強気であったと記憶しています。

未熟者の僕は当時彼らの考えは理解できませんでしたが今はいやと言うほど理解させられましたw 正直この世界への洞察力とそれを振るうに足る資本力が彼らのすごさの本質だと思います。FMにしろ僕のような未熟な個人投資家ではこういう生き方は難しいですね。

投稿: ROM人 | 2007年12月 1日 (土) 03時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202973/17233956

この記事へのトラックバック一覧です: 気になる上海(その3):

« firstrade口座開設ガイド本 | トップページ | いかにもという感じ »