« 勝利はオイルマネーで | トップページ | 直通車 »

2008年1月17日 (木)

容疑者Xの献身

表題がすでに投資の話題ではないですね。

東野圭吾氏の小説はおもしろいですね。ちょうど、表題の小説をあっという間に読んでしまったところです。(私も、テレビドラマの影響で読むようになった口です。)

最近、経済系や投資系の書籍を読んでも、なかなか個人的に得るものが感じられないことが多くなってきていて、以前よりも読む本の量が減ってきているのですが、同程度の量の本でも、このような小説の場合は、あっという間に読みきれますね。

もうそろそろ、投資の態度やスタンスが確定してきてしまって、投資本でも、何を読んでも自分のやり方は容易に変わりそうにない気がしてきています。この際、実用的な本から、小説へと読書の分野を転向するのもよいかなという気になっています。

投資に関しては、今月は最終回の住民税の支払いがありますが、多少は投資に回せる資金がありそうです。今、まさに市場低迷の真っ最中ですが、良い場面で買えるか、それとも陰の極から戻してしまうかわかりませんが、まあ、あまり気にせず淡々と買っていこうと思います。

少なくとも今年の住民税や予定納税の支払いがまた始まるころまでは、毎月ずっと投資資金があると思うので、これからはしばらくは、毎月積み立て投資っぽく投資ができそうです。なので、しばらくはずっと市場が低迷しておいてくれたほうが、かえって個人的にはありがたいという気持ちです。

バリューな目で投資市場を見ると、割安な案件と、市場のヒステリーにだんだん、わくわくし始めます。株価を、無機質なブラウン運動といった枠組み以外の見方で見るようになって、投資の偉人バフェット氏の台詞の意味を、若干ながらより理解できるようになった気がします。

|

« 勝利はオイルマネーで | トップページ | 直通車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202973/17731063

この記事へのトラックバック一覧です: 容疑者Xの献身:

« 勝利はオイルマネーで | トップページ | 直通車 »