« WisdomTreeのインド株ETF | トップページ | BRICs概観 »

2008年2月21日 (木)

中国製食品関連(続)

農薬が混入された場所が中国側である可能性が高いとみなされる状況証拠が、さらに積みあがってきているみたいですね。

「天洋食品」餃子の袋から猛毒パラチオンも検出

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080220-00000054-yom-soci

中国製の冷凍とんかつ、殺虫剤「ホレート」検出

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080220-00000061-yom-soci

日本の生活者として、この問題の行く末は非常に重要なことですが、国際分散投資家としても、中国の対応方法いかんによって、中国への投資の長期的スタンスも変わりうると思って事態を注視しています。

|

« WisdomTreeのインド株ETF | トップページ | BRICs概観 »

コメント

中国の公安はシラを切る感じですね。
反省やカイゼンの無い国への投資は考えるべきではと感じますね。

投稿: はなまち | 2008年2月28日 (木) 12時30分

はなまちさん、コメントどうもです。

私も、このような態度の国への投資はおおいに疑問を感じています。

中国が繁栄しないとすれば、このような身勝手さがその決め手になると思います。

中国食品を買わないだけではなく、中国への投資をしないことも個人的には視野に入ってきた感じです。

それでは、今後ともよろしくお願いします。

投稿: VMax | 2008年2月28日 (木) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202973/40203687

この記事へのトラックバック一覧です: 中国製食品関連(続):

« WisdomTreeのインド株ETF | トップページ | BRICs概観 »