« 中国製食品関連(続々) | トップページ | 中国製商品関連 »

2008年3月 6日 (木)

DEM

WisdomTreeの新興国高配当株ETFのDEMが好調です。

http://finance.yahoo.com/charts#chart4:symbol=eem;range=20071031,20080305;compare=dem;indicator=volume;charttype=line;crosshair=on;logscale=on;source=undefined

http://finance.yahoo.com/charts#chart7:symbol=eem;range=20070713,20080305;compare=dem;indicator=volume;charttype=line;crosshair=on;logscale=on;source=undefined

両者ともEEMとDEMとの比較グラフで、最初のグラフが昨年10月末からのパフォーマンスで、2番目のグラフがDEMが取引された昨年7月13日からのグラフです。

最近のEEMに対する好パフォーマンスが際立っていると思います。当然、直近の資源、エネルギー関連株の好調さが大きな原因の1つではあると思います。

http://www.wisdomtree.com/etfs/index-details.asp?IndexID=80#group

でも、それだけではないと思います。

http://www.wisdomtree.com/etfs/index-details.asp?indexid=80#country

http://quicktake.morningstar.com/etfnet/Portfolio.aspx?Country=USA&Symbol=EEM

DEMは台湾のエクスポージャーがEEMよりも際立って大きく、逆に中国のエクスポージャーがEEMよりも際立って小さいことがわかります。そして、直近では割安であった台湾株が上がり、割高であった中国株が下がっています。この影響も結構大だと思います。

http://finance.yahoo.com/echarts?WT#chart11:symbol=ewt;range=20071031,20080305;compare=ewz+fxi;indicator=volume;charttype=line;crosshair=on;logscale=on;source=undefined

当方、WisdomTree贔屓なので、割り引いて読んでいただく必要があると思いますが、ほんと価値あるETFではないかと思います。割安な台湾株やブラジル株をたくさん持って、割高な中国株をほとんど持たないことで直近に相対的好パフォーマンスを示したように、将来も割高な国のエクスポージャーを減らし、割安な国のエクスポージャーを自動的に増やしてくれて、良いパフォーマンスを示してくれたらうれしい限りです。個人的にそのような期待を抱いています。

はやく、楽天証券あたりでWisdomTreeのETFが買えるようになって欲しいものです。

なお、米国証券会社にアクセスできる方は、もしかすると今はDEMを買う好機ではないかもしれませんので、ご注意ください。私はバリュー系ETFを買うときも、出来るだけ時価総額比例ETFに比して、足元のパフォーマンスが悪いときに買うように、つまり可能な限り逆張りでエントリーするようにしています。高値掴みして安値で売っては、せっかくバリュー系ETFに投資しても、時価総額比例ETFと比べた相対パフォーマンスはお寒いものになってしまう恐れがありますので。

|

« 中国製食品関連(続々) | トップページ | 中国製商品関連 »

コメント

最近のETF新商品を見ていると、個別市場対応型インデックスやバリューなどのアクティブ型とも思える商品が多いですね。扱いが難しそうです。

ETFも投信のようにどんどん数が増えていくのが潮流かもしれないですね。日本でのニュースも見てそう思いました。

投稿: ROM人 | 2008年3月 8日 (土) 02時48分

ROM人さん、おはようございます。

おっしゃる通り、また「イェール大学CFOに学ぶ投資哲学」の本にも書いてあった通り、ETFの世界も本質的に様々な投資ビークルで溢れる時代になってきていると思います。

そこでは、

そのコンセプトの有効性が超長期の歴史に裏付けられないもの
指数売り等、合理的にマイナスのリスクプレミアムがある構造になっているものや、為替物等、リスクプレミアムがない可能性(リスク)が疑われるもの
本質的に限りなくアクティブファンドに近いのではないかと疑われるもの

等々、長期投資にはなかなかそぐわないのではないかと思われるものが増えてきています。

ETFも様々なニーズを捉え、便利になっていく反面、長期投資家にとっては、良識をもって慎重に判断しなければ、簡単にお金をドブに捨てることになるリスクが生じると思います。

気をつけなければいけないですね。

投稿: VMax | 2008年3月 8日 (土) 10時46分

スウェンセン本もお読みになられてましたか。個人的にコア資産・非コア資産と分けた資産あたりの特徴についての記述はすばらしいものだと思います。(選別の基礎になりました)

そういう訳で個人的には金融危機用の内国債・預金と内外株式(まだあまり外国はないですが)という単純なポートフォリオを組んでいますが、今年は金融危機が来たためせっかくだから分散投資を進めようと考えています。

そこで一つお聞きしたいのですが、VMAX様はSPY・EFA・EEMの三点セット利用方式(スウェンセンが一般人に勧めるコスト重視戦略)とこちらの左に見かけるバリュー系ともいえるやや高めの信託報酬を払っても個別ETFを選ぶのとどちらが有効と考えますか? まあ人それぞれと言うとそれまでですが、VMAX様のお考えをお教えいただければ幸いです

ちなみに当方は投資については下手でも好きな趣味人ですw

投稿: ROM人 | 2008年3月 8日 (土) 15時06分

ROM人さん、追加コメントどうもです。

ご質問の件、当方は海外口座に踏み出してから過去、おおまかに言って、
バリュー株ファンド
時価総額比例ETF
バリュー系ETF
の順に投資してきました。買ったら、基本的にバイアンドホールドなので、この過去にたどったとおりのポートフォリオが出来上がっています。

バリュー株ファンドと時価総額比例ETFのどちらが最終的に勝つかわからないので、時価総額比例ETFという投資手段を見つけてから、どちらも保有することにしました。

また、バリュー系ETFという投資手段を見つけて、結局、バリュー株ファンドを買うのは止めて、かわりにバリュー系ETFを買うようになりました。

神学論争にしかなりそうにない、難しい議題だと思いますが、最近ではとくに、バリュー系ビークルのほうに投資することが、心地よくなってきています。内外REIT市場、中国株式市場等、実際に割高な市場が過激に落ちていくのを何度も見るにつけ、平均分散の統計的世界観である時価総額比例投資の見方ではなく、下値安全度がどれだけあるかというバリューの視点で投資の世界を見るようになってきています。

なので、過去の投資行動の推移から、時価総額比例投資のポートフォリオ部分も持っていますが、今はポートフォリオの全てがバリュー系ビークルでも良いと思っています。

ただし、バリューが報われるためには何年もかかるかもしれませんし、最終的にコスト負けして報われない可能性もあります。だから、職業ファンドマネージャーなどはなかなかバリューにポートフォリオをしっかり振るのは難しいことが多いでしょうし(何年も負け続ければくびになってしまうかも)、最終的にベンチマークに破れることになるリスクがあるので、その将来起こりうる結果を受け入れることのできない人には取り得ない選択だとも思います。

こんなところですが、いかがでしょうか。

ご参考になりましたら幸いです。

また、もし当方の以下のエントリーをまだごらんになっていなければ、あわせて読んでいただければ、当方の投資行動の根拠がよりわかると思います。

http://max999.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_a1a8.html

以上、よろしくお願いします。

投稿: VMax | 2008年3月 8日 (土) 22時48分

つまり気楽に投資方式だと時価総額連動、値動きが激しくなるし負けるかもしれないが価格に拘りたい趣味人ならばやってみる価値は十分にある。こんなとこですかね。

個別投資メインであるため分りやすい説明でした。ちょっと考えて見ます。

ご返答ありがとうございました。

投稿: ROM人 | 2008年3月 9日 (日) 14時05分

DEMをはじめとして、DGS、DFEなどのWisdom treeのETFがInteractive Brokersで約定できないのですが、Vmax様はどのようにしてこれらのETFに投資していらっしゃるのでしょうか?

成行注文で、発注株数を少なくしても全く約定せず困っています。

投稿: ROM人 | 2008年4月 5日 (土) 12時35分

ROM人さん、どうもです。

IBではWisdomTreeETF等が約定しないことや約定までに時間がかかってしまうことがあり、これは結構皆さん経験する現象のようです。

ただ、私自身はまとまった単位、例えば100株単位ではこの現象に遭ったことはないと記憶しています。なので、私はWisdomTreeのETFをIBで買う場合は、出来るだけ100株単位で発注するようにしています。そしてどうしても数十株単位で買いたい場合は、Firstrade等の他の証券会社を利用しています。

こんなところですが、いかがでしょうか。

ご参考になりましたら幸いです。

投稿: VMax | 2008年4月 5日 (土) 18時16分

すばやいレスありがとうございます。
非常に参考になります。

ただ、100株というと、DGSで約50万というところですね。Wisdom treeのETFは、ポートフォリオのスパイスに加えようと考えていたのですが、やや大きめの金額になってしまいますね。

投稿: ROM人 | 2008年4月 5日 (土) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202973/40399239

この記事へのトラックバック一覧です: DEM:

« 中国製食品関連(続々) | トップページ | 中国製商品関連 »