« バークレーズの新しい5つのETF | トップページ | 団塊の世代はどこへ »

2008年4月 2日 (水)

稲妻のきらめき

夜のヨーロッパ市場とUS市場は、まさに稲妻のきらめきのような上げという感じでしたね。

詳細に情報を追ってはいませんが、大元はUBSの大幅追加損失とさらなる巨額増資、サブプライム関連のエクスポージャーの大幅な削減だったように思います。

上げの本質的な理由もよくわかりませんが、一種の打ち止め感ですかね。局面が違えば、大幅下落の理由にもなり得る材料だと思います。

これだから、相場モノは難しいですね。後講釈では何でもいえますけれども、その能力では、稲妻のきらめきを捕まえられる確証がどこにもない。

個人的には、4月も投資資金があるので、まだ低迷してもらった方が都合が良いのですが、まあ上記の通り、相場モノは個人の思惑とは全く関係なく動きますので、上げ下げ関係なく淡々と追加投資し続けようと思います。

|

« バークレーズの新しい5つのETF | トップページ | 団塊の世代はどこへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202973/40732199

この記事へのトラックバック一覧です: 稲妻のきらめき:

« バークレーズの新しい5つのETF | トップページ | 団塊の世代はどこへ »