« インフレの足音 | トップページ | 楽天のリクソーETF取り扱い »

2008年4月29日 (火)

信用リスクスプレッド

思い返せば、当方がサブプライム関連によるマーケット動乱の初動を感じたのは、米国Treasury金利の動きからでした。コメントで宿題をいただいてから分析検討した結果、IEFとHYGの資産価格の差の広がりから信用リスクスプレッドの広がりを知覚し、米国Tresury金利の下落は質への逃避なのではないかと感じて、サブプライムローンの影響ではないかとエントリーしたのが以下の一連のブログです。

http://max999.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_c2df.html

http://max999.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_7d88.html

あのときから、HYGとIEFのスプレッドはどうなったでしょうか。

以下が現在の両者のグラフです。

http://finance.yahoo.com/charts#chart3:symbol=hyg;range=20070427,20080425;compare=ief;indicator=volume;charttype=line;crosshair=on;ohlcvalues=0;logscale=on;source=undefined

信用リスクスプレッドも、最悪に広がった時期を過ぎて、すでにかなり縮小に向かっているように見えます。何が何でも質への逃避というヒステリーなマーケット状況のフェーズは過ぎ去って、債券市場も合理性を取り戻しつつあるように思えます。

世界の株式市場のここ最近の戻りと、米国債券市場の正常化への動きは同調しているかのようです。

動乱の時を過ぎて、平穏な時がやってくるのかもしれないですね。

|

« インフレの足音 | トップページ | 楽天のリクソーETF取り扱い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202973/41024151

この記事へのトラックバック一覧です: 信用リスクスプレッド:

» 中国株のリスク [株 投資 取引環境情報サイト]
中国株のリスクについて少し触れてみましょう。中国株取引におけるリスクはまず外国株式であるので為替リスクが存在します。これは、外国株式は、外貨を通貨基準としている以上、円貨から投資した場合には、外国為替相場の変動によって、円換算した場合に損失を被ることがあるリスクです。しかしこれは何も中国株取引だけに限らず外国株式全般にいえるリスクです。では中国株特有のリスクを考えてみましょう。中国株特有のリスクとして以下のものが挙げられます。■信用リスク信用リスクは日本株と違い情報が入手しが...... [続きを読む]

受信: 2008年5月12日 (月) 22時59分

« インフレの足音 | トップページ | 楽天のリクソーETF取り扱い »