« 楽天証券のPowersharesETF取り扱い | トップページ | 日本人とおカネ »

2008年5月14日 (水)

IBより日本の銀行への送金

最近、日本のネット証券会社の米国市場ETFの続々の取り扱いにもかかわらず、当方の投資資金のUS口座比率がより高まってしまっています。この現状を踏まえ、必要なときに自由にすばやく日本に資金を戻せるかどうかを、最近テストしてみました。

IBから、円資金を、日本の銀行に保有する普通預金口座に送金してみました。結果、翌日に日本の銀行に無事着金していました。

IBのアカウントマネージメントで送金先登録するときに、日本の銀行のSwiftコード(8桁の文字列です)を入力すると、機械的に送金先銀行の名前がセットされました。また、(支店番号)-(口座番号)すなわち、

XXX-XXXXXXX

を送金先銀行口座番号に指定して、送金先登録を済ませて、同時に送金入力したら、その日にIBから送られたようです。

円建てで、日本のごく一般的な円の普通預金口座に直接送金できるIBはやっぱり、かなり便利なのではないかと思います。US証券口座の資金を受けるために、日本の銀行でドル預金口座を開いたりする必要がなくなります。またこれで、ドル投資資金を円に戻して、日本で使うための円買いドル売りの際のコストも、IB内で済ますことで格安で済みますし。

ただし、着金の日本の銀行の側で、手数料を何千円か取られてしまいました。これについては、銀行間で差があるかも。まだまだ研究の余地はあるかもしれません。

|

« 楽天証券のPowersharesETF取り扱い | トップページ | 日本人とおカネ »

コメント

Vmax さんのお使いの銀行はどちらですか?
私の経験では、新生銀行に出金したところ、特に手数料は取られませんでした。
2007.5.18 http://otsu.seesaa.net/article/42110475.html

投稿: 乙川乙彦 | 2008年5月14日 (水) 07時23分

初めて書き込みさせていただきます。

着金の日本の銀行で手数料を取られてしまうのですか。
以前、私が実験したとき、新生銀行を利用しましたが、このときは手数料を取られませんでした。
http://www.bear-dream.com/blog/2008/02/interactive_brokers_ib_8.html
もっとも、新生銀行もサービスを次々と改悪していますので、いつの間にやら手数料がかかることになっているかも知れませんが・・・

投稿: くま | 2008年5月14日 (水) 11時12分

案外お金を旅させる方ばかり目がいってしまい、戻ってくる方法の実践記事は無かったような気がします。参考にさせていただきます。

投稿: マルマル | 2008年5月14日 (水) 12時26分

乙川さん、くまさん、マルマルさん、コメント及び情報ありがとうございます。

私の場合、今回は三菱東京UFJの口座に送金しました。4,000円もとられてしまいました。今回、これだけが想定外でした。

新生銀行では手数料がかからないみたいですね。私は新生銀行口座を持っていないので、今度、お金を戻す機会があれば、新生銀行に口座を作ってチャレンジしてみようかと思います。

それでは、今後ともよろしくお願いします。

投稿: VMax | 2008年5月14日 (水) 19時48分

先月、私もIBから新生銀行に円で移しましたが、手数料を取られませんでした。ドルでシティバンクに移したときも取られなかったので、

円で戻すとき:新生銀行
ドルで戻すとき:シティバンク銀行

が良いみたいです。

投稿: kk | 2008年5月14日 (水) 22時10分

kkさん、コメントどうもありがとうございます。

私を含め、ごらんになられる方の参考になること請け合いの情報だと思います。

それでは、今後ともよろしくお願いします。

投稿: VMax | 2008年5月14日 (水) 23時43分

こんにちは、VMaxさん、時々訪れて参考にさせてもらってます。
新生銀行が、着信無料というのは、良く頑張ってると思います。
私は皆さんと逆で米国在住ですが、1月に日本に帰った時、郵便局から国際送金でアメリカの自分のシティバンク口座に米ドルで送金したら、着信料10ドル取られました。
シティバンク、昔はIncomingなら無料だったと思うのですが、台所が苦しいのでしょうか。自分のお金を自分の口座に送ったのに、OutgoingとIncomingの両方で取られるって、悲しかったです。

投稿: ミミ | 2008年5月15日 (木) 12時27分

ミミさん、はじめまして。

コメントありがとうございます。

私は海外のCitibank口座は保有していませんが、とあるUSの銀行口座は持っています。

日本では、外為法のからみがあって、銀行も対当局できちんと情報記録等、対応しなければならないみたいですし、手間がかかりそうです。手数料を取られても、致し方ない面もあると思います。

とは言え、皆さんの貴重な情報を生かして、出来るだけ無用な手数料支払いを避けたいですね。

投稿: VMax | 2008年5月15日 (木) 19時29分

VMaxさま、初めまして。いつも拝見させていただいています。

そしてコメントを書かれたみなさま、たいへん有用な情報ありがとうございました。
以前、新生銀行のヘルプデスクに海外送金着金時の手数料について問い合わせをしてみたことがあるのですが、「ほんとかなあ」と送金していなかったのです。
(新人君が人に聞きながら答えてきたので・・・すみません)

今日このエントリーを読んですぐに送金しました。
みなさま、どうもありがとうございました!

投稿: GIGI | 2008年5月15日 (木) 19時51分

GIGIさん、はじめまして。ご参考になったようで、何よりです。

皆さんに感謝!ですね。

投稿: VMax | 2008年5月15日 (木) 20時55分

VMaxさま はじめまして
いまciti bankに問い合わせたところ、送金時も出金時も手数料は無料とのことです(¥)。
ただ、citi gold のみなのか、外貨のときはどうなのかは聞き忘れました。

投稿: lazy | 2008年5月17日 (土) 14時39分

lazyさん、情報ありがとうございます。

参考にさせていただきます。

投稿: VMax | 2008年5月17日 (土) 18時13分

VMaxさん、こんにちは。
IBからの日本の銀行への資金の戻し方、大変参考になりました。ありがとうございました。僕はFirstradeのValet AccountについているVISA
DEBIT CARDで、買い物に使うというやりかたをしているのですが、これだとたぶん為替でかなり損をすると思います。(税務署に海外からの送金を捕捉されにくいというメリットはあるでしょうが)今度新生銀行への送金を試してみます。

投稿: 駒沢公園散歩人 | 2008年5月19日 (月) 13時18分

駒沢公園散歩人さん、いつもどうもです。

参考になりましたようで何よりです。

私は米国に行ったときに銀行口座を開いて、再度訪れるときにIBから送金して、旅先で使用したりもします。

ただ、いずれは、当エントリーのような形で、毎年日本にまとまったお金を戻すことになる可能性が大だと思っています。

いまのところ、新生銀行やCitibankを使ってIBを利用すれば、入り口から出口まで完全無欠の低コストで米国市場ETF投資が実現できる感じですね。本当に便利な手段だと思います。

投稿: VMax | 2008年5月19日 (月) 18時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202973/41198029

この記事へのトラックバック一覧です: IBより日本の銀行への送金:

« 楽天証券のPowersharesETF取り扱い | トップページ | 日本人とおカネ »