« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月26日 (土)

DEM(その2)

以前、WisdomTreeの新興国高配当株ETFのDEMの運用経過について当ブログで取り上げたのですが、ふと気が付くと、足元でも時価総額比例の同種のETF(例えばEEM)をかなり引き離しています。

以前のブログはこちらです。

http://max999.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/dem.html

どうも、今やって見ると、ヤフーのグラフのリンクを期間指定でうまく張ることができないみたいですので、ご興味ある方は、USのヤフーファイナンスでDEMとEEM、VWOのリターングラフを作って見てみてください。

7月15日あたりから、DEMとそれ以外の時価総額比例の新興国株ETFのパフォーマンスに顕著な差が出ています。

当然ながら、それ以前もDEMのパフォーマンスが良く、前回もそれで当ブログにて取り上げたわけですので、DEM取引開始以来のパフォーマンス比較グラフを作っても(昨年7月13日以降)、10%以上DEMのパフォーマンスがその他を上回っています。

前回当ブログで取り上げたときの、DEMの相対的な好パフォーマンスの理由としては、その時点で好調な台湾やブラジルの割合が高く、不調な中国等の割合が際立って低いポートフォリオとなっているのが原因のように思えましたが、最近はブラジルなどの資源国のパフォーマンスは相対的に悪いようなイメージを持っていたので、直近のDEMの時価総額比例ETFに対するアウトパフォーマンスの理由がわからず、ちょっと調べてみました。

で、DEMの直近のポートフォリオ構成を見てみると、持ち株上位であったペトロブラス(ブラジル石油関連株)が、上位から消えているではありませんか。(確か以前は、保有占率1位か2位であったような気がします。あやふやな記憶ですが。)

http://www.wisdomtree.com/etfs/index-details.asp?IndexID=80

そういえば、WisdomTreeのファンダメンタルETFは年1回、配当利回りのランク付けによるリバランスがあるはずで、6月か7月あたりがそのリバランスのタイミングだったかもしれません。(これも、あいまいな記憶ですが)

どうも、直近のペトロブラス等のブラジル株の下落を、高配当株リバランスで、きれいに避けてくれているのかもしれません。

その他気付いたのは、ポートフォリオのIndustry Groupのデータです。確か、DEMのIndustory Groupの上位は、Energy, Materialsだったように記憶していたのですが、今見ると1位がTelecommunication Servicesで2位がBanksになっています。(Energy, Materialsの全体に対する占率は、全体の23.5%くらいです。)

http://www.wisdomtree.com/etfs/index-details.asp?IndexID=80

念のため、EEMについてもどうなっているか調べてみると、

http://us.ishares.com/product_info/fund/overview/EEM.htm

やはり、1位がEnergy、2位がMaterialsとなっており、この両者で全体の40%近くを占めています。(6月末の数値ですが)

このあたりがDEMとEEMの直近のパフォーマンスの差を説明していそうな気がします。

なんか下手な短期投機家よりもよっぽどうまくやってくれている感じです。ただ購入して放置しているだけで、定期的な見直しにより割安なポートフォリオ構成を維持してくれることで好結果をもたらしてくれるのであれば、これほど良い投資ビークルはないですね。

さて、将来はどんな結果になりますでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

国際投信のisharesETF寄せ集めファンド

国際投信からisharesETFを寄せ集めたファンドが出るらしいですね。

すでに様々なブログで取り上げられています。

米国証券口座を使って投資している立場からは、何の意味もないナンセンスなファンドなので、ソースにあたることすらする気になれないのですが、これも、ETFにより日本のファンド業界の地位が脅かされてきていることの1つの表れなのではないかと、個人的には解釈しています。

日本のファンド業界が、効率的な投資ビークルを完全に無視し続けることは到底出来るはずもなく、効率的な投資ビークルにアクセスできない一部のお客に対する仲介コバンザメビジネスを始めるという、こういった形でもより進化した利便性の高いビークルへの世の中の流れが始まってしまうということなのだと思います。(こういったコバンザメビジネス自体は、存在意義を示せずいずれ消えていく運命とは思いますが。)

いずれは、このような効率的な投資ビークルへのアクセスが、誰にとっても簡単に出来る世の中がやってくるのですから、その世の中で中心的なリーダーとなれるように、先陣を切って道を切り開いていく企業であるほうが、そういう世の中で恐竜のように絶滅していく企業よりずっと良いだろうことははじめから見えているはずなのに、日本の企業はなぜそういうことを見据えた行動を取らないのでしょうか。本当に不思議です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

また、

セリングクライマックスの時が近づいてきている気がしますね。

今月の投資資金は、今週に投入しようと思っていたのですが、いつ買いを入れるべきか悩ましい感じです。

えいやーと飛び込みますか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

新証券税制の話

本日の日経新聞のSunday Nikkeiでは、新証券税制の話が良くまとまった形でかかれています。

わかりやすいので、お勧めです。興味ある方は読んで見てください。

個人的なポイントは、2009年、2010年は配当金が100万円を超えると確定申告が必須となる点です。記事では、この確定申告により国民健康保険料、介護保険料が上がってしまうだろうことがわかりやすく書いてありました。

外国証券会社での投資は、その配当金は総合課税となり、年間20万円以下だったか未満だったかの副収入の申告免除に該当しない限りは、確定申告の必要がありますので、個人的には確定申告は毎年のイベントであって何のストレスもないのですが、世の中には確定申告に拒絶感を持っている方々が多そうです。

しかも、国保や介護保険料が上がるとなれば、何としても確定申告を回避するために必死に対応しようとする人が続出しそうな気がします。

結果、記事にも触れられているように、グロソブ等の毎月配当ファンド等の解約や、高配当株式の売却などの行動が予想されますね。

前者はある意味、どうでもよいのですが、後者にはちょっと問題を感じますね。日本の株式は特に配当還元率が低く、有望な新規投資先があるわけでもないのに無駄に利益を会社に留保し、資本効率が他国比で非常に悪いのに、無借金経営などとそれが一方的に良いことであるかのごとく捕らえる風潮があるような気がします(精緻に検証したわけではなく、単なる個人的印象ですが)。毎年安定的に利益を創出できる強いビジネスで、かつ高い配当を支払い続ける、投資家の資金を効率的に使用する好ましい企業の株式が、国民のポートフォリオから外されていくのは、うーん、ナンセンスな気がします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

国債新型窓販6月債53%増

本日の日経新聞朝刊上で標題の見出しの記事が書かれています。

個人向け国債の方ではなく、債券市場で取引されている通常の国債の個人向け販売の方の話です。(記事からは、2007年10月より始まった取り扱いであるようです。)

3月の国債金利の底から、金利が上昇するのに比例するように、4月、5月、6月と、ぐんぐん販売が伸びている様子が、記事中でグラフで示されています。

まだ、記事等になっていないと思いますが、直近6月の個人向け国債の販売も、好調だったのではないかと個人的に推測しています。というか、多くの金融機関で、この期間はこれしか満足に売れる商品がなかったのではないかと推定しているので、たぶんこれから新聞記事で明らかとなってくるだろう情報がたのしみでもあります。

こういった情報は、見事に逆張り指標として利用できます。いわゆる「人の振り見てわが振り直せ」というやつです。自分のような長期投資家は、しっかりと毎月の投資可能資金をリスク資産に回し続けなければいけないなと、あらためて感じさせてくれます。

「日本国債もリスク資産?」確かに、その通りですが、当方の投資対象には、残念ながら含まれていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »