« 投資方針関係雑感 | トップページ | 法案否決 »

2008年9月23日 (火)

<メラミン禍>国内業界に衝撃 安全対応に労力・コスト増

数日前に中国製あんこの話題について書きましたが、こちらの方はかなり大きなことになっているようです。

表題の題名の記事をリンクします。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080922-00000092-mai-bus_all

本国の中国ではメラミンだけではなく、有害細菌まで入っていたとか。

日経ネットの記事を以下に貼り付けておきます。(以下、引用)

「三鹿集団の粉ミルク、腸内細菌も検出」

 【北京=多部田俊輔】中国甘粛省の政府系新聞、蘭州日報は22日、有害物質メラミンに汚染された粉ミルクを製造販売した三鹿集団(河北省石家荘市)の粉ミルクから腸内細菌の一種「エンテロバクター・サカザキ」が検出されたと伝えた。同細菌は乳幼児の髄膜炎などを引き起こすとされており、粉ミルク事件の被害がさらに広がる可能性もある。

 甘粛省はメラミンに汚染された粉ミルクの健康被害が最初に明らかになった地域。粉ミルク事件の拡大を受け、同省の食品安全当局が検査をしたところ、新たな細菌を検出。有害物質のさらなる検査などをすすめる方針だ。(22日 23:57)

(以上、引用終わり)

もう、むちゃくちゃです。

中国関連の食料品関連株が下落しているらしいですが、むべなるかな。あほらしくて、確認する気にもなれないです。

我が家は中国産のものを食べないように日頃からずっと注意してきましたが、ここまで来ると自らの食生活を中国の危険から守るのも、かなり大変で、これはもう不可能に近いなという気がしてきました。

|

« 投資方針関係雑感 | トップページ | 法案否決 »

コメント

 基本的には中国製品を買わないのが正解ですが、いろんなものに加工されてしまうとどうしようもない状態で、判断のしようがないと言うことでしょう。せめて表示してあればよいのですが、全ての成分に原産地表示が義務づけられていない現在は無理な話です。

 これは中国製食品だけに限らず、ETNをETFだと言い張っており、その根拠を示さない大商の金ETFを始め、掲示板でいろいろ話題になっているヘッジファンドも同じようなもので、確認しましょうという声は上がっていますが、素人が確認するのは容易なことではないのが現状です。

 常々、人の話を鵜呑みにしないで、一応自分の頭で考えてから行動しようとするのを基本方針にしていますが、判断材料を提供してくれないことには自己責任と言われてもどうしようもないのが現状です。

 こちらも困った問題が隠れていますね。こういうのこそ、金融庁で取り締まりをしてもらえるとありがたいのですが。

投稿: 与太郎 | 2008年9月26日 (金) 03時49分

与太郎さん、コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、ETNその他、金融業界にも似たような話はありますね。両者とも消費者、顧客として「これでは困る」という声を上げていくしかないですね。

投稿: VMax | 2008年9月26日 (金) 06時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202973/42566122

この記事へのトラックバック一覧です: <メラミン禍>国内業界に衝撃 安全対応に労力・コスト増:

« 投資方針関係雑感 | トップページ | 法案否決 »