« 財布の中のお金 | トップページ | 臨時投資 »

2008年10月18日 (土)

企業もノックイン被害

本日の日経新聞にある意味面白い記事がありました。

以下に転載します。

(以下、引用(マーケット総合1より))

「ノックインの思惑消えず」

ノックイン型の投資信託に思惑がくすぶっている。この投信は日経平均株価が一定期間内にあらかじめ設定された水準(ノックイン価格)を割こまなければ高い利回りを享受できる金融商品。反面、償還までにノックイン価格を割り込むと元本割れのリスクも発生する。

主に外資系証券が私募で販売し、運用難の地域金融機関に人気が高かった。最近の相場急落で過去に設定された同型投信の多くがノックインしたと見られ「損失規模は合計で1千億円程度になったのでは」(欧州系証券)との指摘もある。地域金融機関の経営問題が再燃するなか、新たな火種となるか-。

(以上、引用おわり)

だそうです。なんとまあ、右も左もわからない金融弱者の一般個人が情報格差で金融機関にだまされて売りつけられたのならともかく、しっかりとした判断能力がなければつぶれてしまう企業群も見事に欧州系証券にだまされてノックイン投信のような商品に手を出しているとは。全く知りませんでした。

企業会計でこの手の投信がどう計上されるのか知りませんのでなんとも言えない面もありますが、一般企業がどうしてこんな商品に手を出すのか本当に理解に苦しみます。

ここも専門家ではないですし、直に当該商品を見たわけでもないのでざっくりとした話になりますが、基本的にこの商品はアウトオブザマネーのプットオプション売りポジションになるかと思います。市場が上昇あるいは一定以下の下落で済めばプレミアム収入を丸儲け、一定以上下落したら、その下落幅の損という、いわゆる原資産の一種のロングポジションです。

私が理解に苦しむのは、証券会社の利益スプレッドがたっぷり乗ったデリバティブは、通常、公開市場で取引されるデリバティブに比べて、比較にならないほど不利になっているだろうと思うのに、なぜわざわざそんな経路で企業がポジションを持たなければならないのかということです。おそらくは理論的なプット売りプレミアムの3分の1とかそんな規模で、証券会社に利益を抜かれているものと推測します。

つまり、似たようなリスクポジションが欲しければ、日経平均オプションを取引すれば良いのにと思うわけです。

また、企業たるもの、自らのビジネスモデルで平均的、すなわち株式市場の平均的企業よりもすぐれたリターンをより小さなリスクで達成することが、株主から求められているはずです。それなのに、株式市場の平均的企業を原資産とするロングポジションを証券会社の強烈なスプレッドを抜かれる商品で構築して、長期のビジネスにおいて平均的企業を超えるリターンを平均的企業を下回るリスクで達成することが可能だと、本気で考えているのでしょうか?

正直、企業の判断としては、信じられない内容です。

上に書いた通り、もしかするとノックインするまで一切の損失認識の必要性がないとか、企業会計上のメリットがあるから当該商品を買っていたりするのかもしれません。ここについても全く知りませんので、なんともいえません。

しかしながら、企業がやる誤ちの1つに、好ましい会計制度ゆえに、あえて経済的に不利な商品を購入してしまう愚があります。これは、一般個人が、税制有利であるがゆえに、恐ろしく経済的に不利な商品を買ってしまう愚に、結構良く似ているように思えます。どんな会計制度の元でも、ハイリスクローリターンのナンセンスな商品を購入した方が経済合理的だという結論にはなりようがないと思います。会計はどこまでいっても所詮、真の姿に一方向から当てたライトの影絵でしかありません。特定会計制度で見た影絵の姿が良いからといって、その本物の姿かたちをみようともせず、購入行動を起こすのはまことにナンセンスな姿かと思います。

しかし、本当にあきれてしまいますね。

|

« 財布の中のお金 | トップページ | 臨時投資 »

コメント

 企業と言えども、全ての部署で金融知識に詳しいわけではないので、こういうことになるのでしょうね。

 この手の商品は客が損する確率が非常に高いので、禁止すべきではないでしょうか。今だに、証券会社から売り込みがありますが、非常に危険です。日経平均が15000円を割り込まなければというから、私は13000円を割り込むと思うから買わないと言って断りましたが、普通はそこまで下がると思わない人が殆どで騙されます(証券会社が騙すわけではないが、結果として騙されることになるでしょう)。

 FXで自分が置いたストップロスに引っかかるような自己責任の問題ではなく、損は客、儲けは金融機関という基本的なものであり、一種の詐欺商品であるから(一部の外貨預金も現実にはそうですが)販売を許すべきではないように思います。

 契約自由の原則があるからそこまで禁止できないというなら、せめて、金融機関のリスクと客のリスクを客が明確に理解できるように表示及び納得させてからでないと、売ってはいけないとすべきのように思います。それでも、承知して得られる利益に期待して買う客があるなら、宝くじのように、当たらないと分かっていても万が一と言うことに客が運命に掛けているのですから、それでよいのではないでしょうか。

 余談ですが、宝くじを買って儲かると思っている人はいないでしょう。でも、夢を買うのであるから、それはそれでよいと思います。

投稿: 与太郎 | 2008年10月18日 (土) 14時44分

与太郎さん、コメントどうもです。

そうですね。金融商品取引法の内容を進化させて、プロとしてカテゴリー分けされる相手にしか売ってはいけない商品群を作るとかは必要かもしれませんね。(もうそういう制度になっているのかもしれませんが。不勉強にてわかりません。)

でも、こんな商品につかまる企業は、正直救う手段などないし、仮に救ってもその他の手段でだまされてつぶれかねないなと思ってしまいます。

それでは今後ともよろしくお願いします。

投稿: VMax | 2008年10月18日 (土) 17時07分

こんばんは。
いつも楽しく見ています。
証券会社が販売に注力している商品はろくなものがないですね。冷静に考えれば、投資家の利益と証券会社の利益は相反するものですからね。
関係ないですが、愚息の高校ラグビー大会の初戦が明日(今日かな)より始まります。静かに観戦したいと思っています。
ちなみに私は元甲子園球児、清原、桑田のKKコンビが鮮烈なデビューを飾った1年生の夏に某古豪高校の3年生として出場しました。野球殿堂入りの先輩も数名いる高校です。

投稿: 愛犬クロリス | 2008年10月19日 (日) 01時38分

愛犬クロリスさん、いつもコメントありがとうございます。

関係ない話の方ですが、息子さん大会本番を迎えるとのこと、健闘をお祈りしております。愛犬クロリスさんともどもスポーツを真剣に取り組まれたのですね。

わたしもここのところ全く運動しなくなって久しいので、何かしないとなと思っている今日この頃。

それでは今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: VMax | 2008年10月19日 (日) 08時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202973/42824315

この記事へのトラックバック一覧です: 企業もノックイン被害:

« 財布の中のお金 | トップページ | 臨時投資 »