« グロソブモデルの終焉? | トップページ | 白いネコは何をくれた? »

2008年10月31日 (金)

日銀

日銀が0.20%利下げしましたね。

市場のコンセンサスが0.25%だったところ、微妙にコンセンサス水準から削ってきました。

私個人の勝手な感想ですが、「セコイな」と思いました。おそらくは、もう一回の利下げ(ゼロ金利でないところへの利下げ)の余地を残したのでは(次は0.10%に下げることができるようにしたのでは)と感じましたが、世界的に今回の危機に断固立ち向かう姿勢を各国政府が見せている中で、断固とした背水の覚悟というか意思を見せない日銀の弱腰ぶりを感じました。

0.25%であったらどうだったかは、仮定の話なのでさっぱりわかりませんが、やっぱりこの覚悟の無さは市場に見透かされたのではないかと思います。

麻生首相の3年後の消費税上げの話も余計だと思いますね。目の前の危機対応の話の中で将来の帳尻合わせの話をされたら・・・一気に醒めちゃいますね。

まあ、11月の投資資金を投資するときに、またいい具合に市場が下がっておいてもらえれば、却って良いかもしれませんが。将来のために、こういう状況で、淡々と効率よく株主純資産を積み上げていくだけのことではあります。

|

« グロソブモデルの終焉? | トップページ | 白いネコは何をくれた? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202973/42965784

この記事へのトラックバック一覧です: 日銀:

« グロソブモデルの終焉? | トップページ | 白いネコは何をくれた? »