« WisdomTreeよりROI | トップページ | 不可解なレバレッジETFの動き »

2008年12月11日 (木)

少額の株式投資、総額500万円まで非課税

日経ネットの記事です。

//(以下、引用)----------------------------------------

少額の株式投資、総額500万円まで非課税 税制大綱最終案

 2009年度与党税制改正大綱の最終案が11日、判明した。年間100万円を上限に最長5年間、総額で500万円までの株式投資について配当と譲渡益を非課税にする制度を12年から導入する。中小企業の法人税の軽減税率は現行の22%を09年度から2年間18%に引き下げる。社会保障費の財源として焦点になっているたばこ税増税については与党は同日、見送りの方針を固めた。

 最終案は同日午前の自民党税制調査会(津島雄二会長)の幹部会に提示された。同日午後の党税調小委員会、与党税制協議会を経て、12日に正式決定する。 (16:00)

//(引用終わり)----------------------------------------

ということです。

個人的に、日本の投資環境に満足出来ず、どんどんUS口座に資金シフトしてしまっていますし、超長期投資なので日本の目先の税制など全く気にしていないのですが、少額投資で税制メリットがあるなら、子供に贈与でもして、日本の口座で少額投資でもしてみますかね。

|

« WisdomTreeよりROI | トップページ | 不可解なレバレッジETFの動き »

コメント

>どんどんUS口座に資金シフトしてしまっていますし

なるほど。現状ではそうなる事情は分かりますが、来年以降、ドル暴落→新ドル切替または新通貨(アメロ)導入→旧ドルとの交換比率で損失発生、の可能性も噂されています。
もしそれが実現するとドル建て資産はリスク大かと思うのですが。

投稿: PT探求 | 2008年12月11日 (木) 21時33分

PT探求さん、コメントどうもです。

当方はドル通貨自体には全く投資していないので、おっしゃるような懸念とは全く関係ない話と理解しています。

例えば、イギリス企業で年100万ポンド利益を上げる力のある企業に投資しているとし、ドルがポンドに対し、半分の価値(ドル安)になるとすると、ドル建てのこの企業の利益は2倍になります。

同じようにドル切り下げでドル価値が半分になったら、マクドナルドのハンバーガーはドル建てで2倍の価格になって、マックはドル建てでざっくり2倍の利益を上げることになると思います。円建てに直せば、なんのことはない、以前と同じ利益額になると思います。

世界の株式市場に投資しているときには、我々はそのそれぞれの株式の利益を生み出す力に投資しているわけで、通貨はその力を表すものさしにしか過ぎません。kmで表示しようが、マイルで表示しようが2点間の距離は変わらないのとかなり似たような話かと思います。

以下のブログ記事も多少は参考になる話かと思います。

http://max999.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_b923.html

以上、よろしくお願いいたします。

投稿: VMax | 2008年12月12日 (金) 06時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202973/43390783

この記事へのトラックバック一覧です: 少額の株式投資、総額500万円まで非課税:

« WisdomTreeよりROI | トップページ | 不可解なレバレッジETFの動き »