« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月28日 (土)

「バンガード、オーストラリア市場でETFローンチ」記事の翻訳

とよぴ~さんのブログで、バンガードのオーストラリア市場でのETFローンチの記事があり、当記事中でリンクされている英文記事についての翻訳をやってみました。

http://toyop129.blog48.fc2.com/blog-entry-667.html

具体的な当該記事は以下のリンクです。

http://www.vanguard.com.au/personal_investors/news--commentary/media-releases/media-releases_home.cfm?item=vanguard-to-launch-exchange-traded-funds-in-australia

以下、当方の勝手な翻訳です。(素人の翻訳ですので不正確であることをあらかじめ前提としてお読みください。)

//-------------------------------------

バンガードがオーストラリアでETFをローンチ

2009年3月19日メルボルン - バンガードインベストメントオーストラリア(バンガード)は今日、オーストラリアの投資家のためにETFをローンチするとアナウンスした。

インデクシングに関する世界的なパイオニアであるバンガードグループは、USにおける先導的なETFプロバイダーである。バンガードは、2001年にUSのETFマーケットに参入し、2008年末において、バンガードの38のETFによる投資金額は450億USドル以上に達し-対前年で8%の成長を遂げている。4つのバンガードETFは2008年のUSマーケットにおいて最も売れているETFのトップ20に入っている。

バンガードオーストラリアのマネージングディレクターであるIan Alcockは、オーストラリアマーケットにおけるETFのローンチは、バンガードのその有効性が証明されたインデックス投資アプローチの自然な延長であると述べた。

「バンガードは今オーストラリアの投資家に、個人的な状況や好みに応じて、投資信託やETFを通じてインデックスをベースとした投資を購入するオプションを提供することが可能となった。」とAlcock氏は述べた。

ETFは株式市場で取引される投資信託である。インデックスベースのETFは投資対象の分散と低コストというインデックス投資の特徴と取引の自由度、流動性と持分の透明性を同時に提供する。

現在の投資マーケットが直面している非常に大きなボラティリティとリセッションのサインを示す世界経済環境により、ETFとインデクシングのメリットが注目され始めた。それらのファンドの流動性、投資分散と自由度の存在により、昨年より多くの投資をETFを通じて行うことについて、投資家は勇気付けられた。

USのファンド業界の代表組織であるInvestment Company Instituteによると、アメリカの投資家は、2008年中に2000億USドル近くの金額をETFに投資した。同期間において、株式投資信託は1930億USドルの資金流出に苦しんだ。

資産にして6500億USドルに相当する1600以上のETFが世界的に存在し、機関投資家と個人投資家に対して提供されている。最も活発に取引されている10のUS株式のうち5つがETFとなっている。

ETFはオーストラリア証券取引所において株式のように購入され売却されるが、株式市場に上場されていないインデックス投資信託のように、マーケットのインデックスに追随する。保有する資産をベースとするネットアセットバリューに基づき値付けされ、投資家は取引所が開いている時間じゅう、市場で決定される価格で売買することが可能である。

バンガードのリテール部門のヘッドであるRobin Bowermanは、他のマーケットに比べオーストラリアにおけるETFの採用は音無しであったが、バンガードは長期的に成長市場であると信ずるこのマーケットに参入し、投資家にインデックスファンドに関する幅広い選択肢を設けることを決定したと述べた。

「ファンド管理会社は合理化と縮小の時期を経験しているが、バンガードはオーストラリアの投資家にETFを提供するための商品開発力とオペレーショナルキャパシティによりその長期投資の理念にこだわる。」とBowemanは述べた。

「アドバイザーにとって、我々の新しいETFは顧客に対し投資のトータルコストを減少させ、分散によるリスクマネージメントをアシストできる、バンガードのインデクシングアプローチにアクセスする代替的な方法に相当する。それらはまたポートフォリオ内でコアやサテライト投資を担うことのできる能力を通じて、ポートフォリオ構築のための自在性の高いオプションを提供する。」

「ETFは過去10年の間取引市場に上場されていない我々のインデックスファンドが提供してきた全く同一の便益にアクセスする新しい方法である。過去の年月を通じて得られる2つの教訓は分散とアセットアロケーションが投資家にとって重要な要素であるということだ。ETFは思慮分別のあるアセットアロケーションに基づき分散されたポートフォリオを求める投資家にとって強力なツールである。」と彼は言う。

バンガードは、規制当局と法的なアプルーバルが取れ次第、順次提供するオーストラリアETFのさらなる詳細について情報提供するだろう。

//-------------------------------------

ざくざくっと翻訳したので、あちこちに誤訳があるかもしれません。また時間のあるときに確認して問題あれば直そうと思いますが、とりあえずざくっとしたものをアップします。

それにしても、オーストラリアにも先を越された感じがしますね。日本は果たして追いつけるのでしょうか。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

確定申告作業終了その他

やっと確定申告作業がほぼ終わりました。あとは提出資料に清書してポストに投函するだけです。いつもそうですが、確定申告を終えたときには、学生時代、夏休みの宿題を8月末に終えたときのような気分になります。

さて、読書に遊びに、休日を満喫しますか。

そう言えば、相変わらずETF転換権付債券の話は続いているようですね。ちょっと思ったのですが、転換行使価格をものすごい高い価格にすると、経済合理的にフェアな金融商品になり得るのではと思いました。例えば通常の国債金利が1.3%のとき、このETF転換権付社債の金利は0.3%で、満期時に日本株が今の価格の2倍以上になっていればETFへの転換権が行使できて市場価格との差益が得られるとかそういった内容です。つまり、年1%の金利遺失分が、ちょうどアウトオブザマネー行使価格のこのコールオプションのプレミアムに相当するように転換行使可能価格を調整してしまえば、全く持って経済合理的な商品になると思います。

日本の金融機関が個人に提供するデリバティブはだいたいがものすごいぼったくりプライスだと認識しているので、そんな強烈なスプレッドの乗っていない長期のデリバティブを国が個人に提供するのだと考えれば、案外世のためになるのかも。

こんな想定の元にこの案が検討されているようにはとても思えませんが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

経団連の株価対策案

経団連が冗談のような株価対策を提言するみたいですね。たしか朝日新聞の記事だったでしょうか。発行債券にETF転換権をつけるといった内容です。すでにいろんなブログ等で取り上げられています。

おそらくは日経平均やTOPIXのETFへの転換権でしょうから、理屈上は、発行債券に対し、それら原資産のコールオプションを組み合わせるポジションになるでしょうか。すなわち、経済合理的には、原資産のコールオプションの価値の分だけ、発行債券金利は下がることになると思います。

冗談のような話なので、まじめに計算する気が起きませんが、おそらくは理論的には当該債券の適正金利はマイナスになるのではないかと推測します。今の市場のボラティリティを前提に計算するとそのマイナス幅は巨額になりかねません。結局は記事でたしか触れられていた通り、国の税金をばら撒く結果になると思います。

オプションの世界のビークルは全然詳しくないですが、このETF転換権付債券を買って、市場で同期間のコールオプションを売ることがもしできるとしたら、裁定取引で固定リターンをロックできると思います。

仮想的に考えて、すべての当該債券購入者がコールオプションを売って利益確定するとしたら、このポジションは株式市場に対しゼロスクエアポジションのような気がします。すると、あら不思議、この対策は株式市場に対し、何らプラス要因の対策にならないという結論にたどり着いてしまいます。ある意味、非現実的な仮定をした場合の帰結ではありますが、この結論、果たして正しいでしょうか。

なんにしろ、何とも非現実的な話ではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月 3日 (火)

本の自動販売機

相変わらず、シティやAIGで市場は騒がしいですね。

とりあえず、今月の投資資金投入まではまた見ているだけの状態です。

全然話は違いますが、昨日、駅の自動販売機ではじめて本を買ってしまいました。書店カバーまでついていてちょっとびっくりしました。

著者はフランスに長く住んだ経験があって、節約上手なフランス人の特質を説明し、節約や賢い消費をすすめる内容の本でした。

うーん。衝動買いして読む本としては、どうにも不適切な本だったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »