« 本の自動販売機 | トップページ | 確定申告作業終了その他 »

2009年3月 7日 (土)

経団連の株価対策案

経団連が冗談のような株価対策を提言するみたいですね。たしか朝日新聞の記事だったでしょうか。発行債券にETF転換権をつけるといった内容です。すでにいろんなブログ等で取り上げられています。

おそらくは日経平均やTOPIXのETFへの転換権でしょうから、理屈上は、発行債券に対し、それら原資産のコールオプションを組み合わせるポジションになるでしょうか。すなわち、経済合理的には、原資産のコールオプションの価値の分だけ、発行債券金利は下がることになると思います。

冗談のような話なので、まじめに計算する気が起きませんが、おそらくは理論的には当該債券の適正金利はマイナスになるのではないかと推測します。今の市場のボラティリティを前提に計算するとそのマイナス幅は巨額になりかねません。結局は記事でたしか触れられていた通り、国の税金をばら撒く結果になると思います。

オプションの世界のビークルは全然詳しくないですが、このETF転換権付債券を買って、市場で同期間のコールオプションを売ることがもしできるとしたら、裁定取引で固定リターンをロックできると思います。

仮想的に考えて、すべての当該債券購入者がコールオプションを売って利益確定するとしたら、このポジションは株式市場に対しゼロスクエアポジションのような気がします。すると、あら不思議、この対策は株式市場に対し、何らプラス要因の対策にならないという結論にたどり着いてしまいます。ある意味、非現実的な仮定をした場合の帰結ではありますが、この結論、果たして正しいでしょうか。

なんにしろ、何とも非現実的な話ではあります。

|

« 本の自動販売機 | トップページ | 確定申告作業終了その他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202973/44268223

この記事へのトラックバック一覧です: 経団連の株価対策案:

» ETF転換権付き株式取得機構債 [乙川乙彦の投資日記]
変な金融商品が経団連から提案されています。「ETF転換権付き株式取得機構債」というものです。 http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-36845320090306 これに対して、ゆうきさんは全面的に否定しています。 http://fund.jugem.jp/?eid=1003 renny さ..... [続きを読む]

受信: 2009年3月 8日 (日) 05時34分

« 本の自動販売機 | トップページ | 確定申告作業終了その他 »