« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月26日 (日)

米国銀行における負債の時価評価について

最近、米国銀行が負債を時価評価して利益を出しているといった新聞記事等を良く目にします。今日の朝の日経新聞にも、FRBのストレステストに関連してこの話題が載っていました。

当方、特にこの分野の専門家でもなんでもなく、単なる一素人なのですが、この会計取り扱いについて1点疑問というか、問題じゃないかと思う点があります。

その点について、一素人のつぶやきをつらつら書いてみようと思います。

まず、今日の日経新聞から関連記述の一部を引用してみますと、

(以下、引用)-----------------------------

Q 負債の時価評価でなぜ利益が出るのか。

A 企業や金融機関は自ら発行した社債などを返済義務のある負債としてバランスシートに計上する。社債の市場価格が下落した場合、発行企業はその分負債が減ったとみなして利益として計上できる。一般的に社債価格の下落は信用力の低下を意味し、資金調達が厳しくなるなど経営にはマイナスだが、帳簿上は社債価格の下落で利益が出るという奇妙な現象が起こる。

負債の評価益は現金の流入を伴わない。

Q 本当に利益といえるのか。

A 疑問の声がある。市場で社債価格が下落しても、償還時に発行体が実際に返済する金額が減るわけではないからだ。百億円の社債の時価が60億円に下がり、帳簿上で40億円の評価益が発生しても、償還時に百億円を返済する義務は変わらない。

企業側に裁量の余地が大きいことも不透明感を強める要因だ。シティグループは負債を時価評価して27億ドルの利益を出す一方、値下がりした保有資産の一部は逆に時価評価を見送り、約6億ドル分の評価損計上を回避した。利益押し上げに都合の良いように利用しているとの見方もある。

(以上、引用終わり)----------------------------

と、こんな感じなのですが、個人的な疑念というか問題と思う点は以下のようなものです。

「この会計処理は市場から問題行とみなされ、社債価格が大きく下落している銀行ほど、当期利益に良い影響を与えることから、現在の当期利益を銀行間で比較しても、相互の足元の状態を適切に比較することはできなくなる。」

負債の時価評価で得た利益は、一種の損失先送りであって、債券償還までに、いずれ同額を損失計上することが必要となるはずです。なので、本質的には、資産を時価評価せずに多額の含み損に回した銀行とそうでない銀行の当期利益を同列で比較できないのと同じく、この負債の時価評価も、問題行の当期利益をかさ上げし、健全行の当期利益には変化をもたらさないという傾向を有し、銀行間を同列で比較することがより困難になると思います。そうであれば、会計処理としては好ましくない手法なのではないでしょうか。

上記で引用した記事によると、米国ではこの会計処理が2007年から認められるようになったとのことですが、正直、なぜ会計結果の客観性と相互比較の可能性を減ずるような会計処理が米国や国際会計基準で認められるようになってきているのか疑問です。「時価評価なら正当」という短絡的な発想なのでしょうか?そんなことはないと思いたいですし、実際にそんな短絡的な決め方はしないと思うのですが。信用力が全く異なる他の企業との会計結果の比較可能性を思いっきり失わせるような会計方法は、純粋に問題だと私は考えてしまうのですが。不可思議です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

ターゲットイヤーファンドについて

ターゲットイヤーファンドについて以前のエントリーで書きましたが、最近、USの記事で、かの国でのターゲットイヤーファンドのはしりについての情報がありましたので、過去のエントリーにコメントを残しておきました。

http://max999.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_53c7.html

USでは1993年がターゲットイヤーファンドのはしりだそうです。

やっぱりといいますか、金融後進国である日本がUSに先駆けてターゲットイヤーファンドを市場に登場させたなんてことはなかったのだなと確認できた格好です。

ちなみに、その記事によると、USではターゲットイヤーファンドも他のファンドと同じく資金流出の憂き目に遭っているようです。以前のエントリーの内容のように、市場下落の前に株式比率を上げられて、こっぴどい下落を被った後に、ターゲットイヤーまで当該ファンドを持つことをあきらめて解約しているのだとしたら、寒い現象だなと思います。

改めて、投資にかかる人間心理は手ごわく、悩ましいものだなあと思ってしまいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

三菱UFJ投信 低コストETF上場

三菱UFJ投信が、市場で最も安い信託報酬でTOPIXのETFを東証に上場させるようです。今日の日経新聞の朝刊で記事になっています。

(以下、引用)------------------------------

三菱UFJ投信は5月中旬に上場する東証株価指数(TOPIX)連動型の上場投資信託(ETF)で信託報酬を0.08%まで引き下げる。国内ETFでは最も低コストのETFになる。すでに同指数に連動するETFは東京証券取引所に3本上場されている。最後発の三菱UFJ投信は、低コストを打ち出してシェア獲得を狙う。

(中略)

これまで国内市場に上場されているETFで最も信託報酬が安かったのは日興アセットマネージメントの「上場インデックスファンドTOPIX」の0.09%だが、売買単位が1千口からと大口だった。三菱UFJは売買単位を10口に小口化し、個人投資家にも買いやすくする。

(中略)

株式市場が低迷し売買の落ち込んだ2008年度も、個人のETF買越額は前の年度に比べて17%増えた。

(以下、省略)

(以上、引用終わり)------------------------

個人的には、TOPIXのETFは利用していませんが、日本市場のETFの競争がより行われて信託報酬が下がっていくのは、我々にとって良い現象ですね。どんどん競争していただいて、単なる信託報酬の低さだけでなく、様々な選択肢を提供する競争も早く起こって欲しいものです。

ここからはあまり投資には関係ありませんが、記事の最後の方にあるとおり、市場低迷時に資金が集まっているETFを見て、「うちもやらなきゃ」と叩いて参入するのは、企業戦略としては最悪の戦略で、よっぽどの最大手でない限りは、成功する見込みは限りなく小さい戦略だと思います。おそらくは、先発会社に信託報酬下げと小口化を追随され、殆どシェアを取れずに終わる可能性が非常に高いのではと思います。

投資の世界で言うとバフェット氏の言う、「横並びの強制力」ですし、マーケティングの世界で表現すると、いわゆる「MeToo戦略」になると思います。

こういう観点で見ても、個人的に面白く、将来の推移が楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年4月16日 (木)

仕組み債の落とし穴

今日の日経新聞朝刊に、表題のコラムが書かれています。内容は、当ブログで書いている内容と同様ですが、軽く引用してみます。

(以下、引用)-----------------------

各種の債券利回りは、信用度が最も高い国債の利回りを基準にし、各発行体の信用度と償還までの期間に応じて決定される。したがって、残存期間と信用度が等しければ、特別な理由がないのに利回りが突出して高い債券はあり得ないはずである。この原理は様々な金融商品にもあてはまる。有利な投資案件を期待して金融機関のあいだを探し回っても、徒労に終わると考える方が賢明である。

ところが、証券会社や銀行は、ことさら利回りの高さを強調した金融商品を次々と登場させている。銀行の一年定期預金は概ね0.3%弱、五年国債の利回りは0.8%程度のこの時代において、2%や3%あるいはそれを超える高利回り商品を盛んに販売している。これらは仕組み債や仕組み預金と呼ばれるもので、種類も多い。しかしいずれも特約条項がセットされており、状況次第では大損をすることにもなりかねない。

(中略)

これらの金融商品にはデリバティブ(金融派生商品)が多用されるが、これも金融機関の収益源であることも含んでおく必要がある。発行体側が期限前での繰り上げ償還の権利を留保していたり、解約に多額の違約金を要したりするなど、投資家が厳しい条件を強いられることも多い。

こうした金融商品は、個人投資家だけではなく、公共団体や学校法人、公益法人など専門知識を有する投資家の間にもかなり普及しており、深刻なトラブルにまで発展している例も少なくない。このため、所管官庁が慎重な投資判断をするよう警告を発したこともあるし、政府の関係機関である国民生活センターが数年越しで消費者に注意を呼びかけてもいる。

市場の実勢からかけ離れた高い利回りの商品に出会った際には、十分に内容を確認し、真に投資に値するものか慎重に吟味する必要がある。うまい話であればあるほど、どこかに落とし穴があることが多いからである。

(以上、引用終わり)------------------

至極、真っ当なことばかりかかれています。法人も思いっきりつかまっている等、当ブログで過去取り上げて書いたことと思いっきりかぶっていたりします。最近はいそがしくて、今も日本の金融機関が一生懸命この手の商品を販売し続けているのかどうか正確に把握してはいないのですが、この手の商品は手を変え品を変え出現してくるのが常なので、本当に注意する必要があります。

このように新聞等に叩かれて一度下火になることはあっても、またいずれにょきにょきと出てくるのでしょうね。歴史的に考えても、容易に予測できることです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »