« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月23日 (土)

面白い記事

今日の日経新聞朝刊に、ある意味面白い記事がありましたので、引用してみようと思います。

(以下、引用)--------------------------

英ポンド、半年ぶり高値 対ドル 米財政悪化を意識

外国為替市場で英国債の格下げ観測が高まっているにもかかわらず、英ポンドが対ドルで上昇する現象が起きている。市場で米国の財政悪化のほうが強く意識され、参加者がドル売りに傾斜しているためだ。

(中略)

米格付け会社スタンダード・アンドプアーズ(S&P)は21日、英国債の格付けを、将来格下げになる可能性を示す「ネガティブ」に引き下げた。市場は直後にポンド売りで反応したものの、その後は「米国債の格下げリスクも高まった」として、ドル売りに転じた。

ロイヤルバンク・オブ・スコットランドの試算によると、英国の2009年の財政赤字の対国内総生産(GDP)に対する比率は12%で、米国と同水準。ただ「現実には米国債の格下げは考えづらい」(国内証券)との見方も多い。市場では「投機的なファンド勢による行き過ぎたドル売りが進んでおり、今後反発する可能性もある」(米銀ディーラー)との声も目立ってきている。

(以上、引用終わり)-----------------------

果たして、記事の最後のディーラーが言うように、投機的なただの行き過ぎた市場の動きなのか、それとも米国の信用リスクが市場に見透かされているのか。おそらくは、S&Pが米国の格付けを引き下げるような状況では、もう遅すぎて何の役にも立たないでしょうから、為替や金利等、身内びいきのない冷徹な市場の動きをウォッチしていきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

新型インフルエンザ 初の国内感染を確認

新型インフルエンザ、初の国内での感染者(渡航歴なし)が出たようです。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/swine_flu_in_japan/?1242435954

ついに、第二ステージに突入ですね。

当方が働いている地域での国内感染者もいずれ出現するのでしょうね。心しておこうと思います。

あまり、この新型インフルエンザの話題はしっかり追ってはいないのですが、食糧、水、その他必要物資は買い込んでいて、いざというときにむやみに外出しなくて済む様には対応しています。

うがい、手洗いやマスクが第一義的に大事なのでしょうが、やはり抵抗力を高めるよう、睡眠を十分にとって過労を溜め込まず、万全の体調でいることが一番重要なことなのではないかと考えています。

金融市場の嵐もとりあえずいったんは通り過ぎて小康状態の様相で、個人的な投資資産もずいぶん戻った格好になっています。また、それに伴い、個人の仕事関連もいったん落ち着いたので、会社はできるだけ定時に帰って家族だんらんの時間を確保し、アルコールも控え、早く就寝して十分な睡眠時間を確保し、心身ともに万全の状態になるよう心がけています。

投資関連では、衛生状態や医療体制等が不安な新興国関連でこのインフルエンザが大流行しないとよいなと思っているのですが、過去にSARSの経験があるので多分大丈夫かなと考えていて、いまのところ特に投資対象を見直すつもりもなく、これからも着実に新興国も含む世界に投資資金を振り分けていくつもりでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

日本市場の投資信託に関する調査(インド)

単なる思い付きですが、日本の投資信託について過去のパフォーマンスを調べてみました。

今回はインド株式について調べてみました。とりあえず、ファンド名は伏せた形で記載します。

//(以下、調査結果)-----------------

(ファンド1)

当該ファンドのインド株式に相当するものと思われる部分を月報から拾った結果が以下の通りでした。

設定日)2004年9月30日

設定来パフォーマンス)33.25%

設定来ベンチマークパフォーマンス)54.88%

アクティブリターン)-21.63%

(2009年3月31日現在)

(ファンド2)

設定日)2004年11月30日

設定来パフォーマンス)-3.9%

設定来ベンチマークパフォーマンス)31.6%

アクティブリターン)-35.5%

(2009年3月31日現在)

(ファンド3)

設定日)2005年6月22日

設定来パフォーマンス)-3.5%

設定来ベンチマークパフォーマンス)4.6%

アクティブリターン)-8.1%

(2009年3月31日現在)

(ファンド4)

設定日)2005年12月13日

設定来パフォーマンス)-24.39%

設定来ベンチマークパフォーマンス)-20.92%

アクティブリターン)-3.47%

(2009年3月31日現在)

//(以上、調査結果終わり)-----------------

運用資産の多いファンドから適当に選択して調べてみました。上記4つ以外にも、もう一つのファンドを調べてみたのですが、月報にベンチマークが載っていませんでしたので、その結果は記載しておりません。ただ、他のファンドのベンチマークと比較してみると、このベンチマーク比較を月報内で行っていないファンドのパフォーマンスも相当悪そうでした。

しかし、資金を集めているファンドほど、すさまじい悪パフォーマンス傾向があるように見えるのは、単なる気のせいでしょうか。もっときちんと網羅的に分析すればわかるのかもしれませんが、そんな気も失せてしまう調査結果でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »