« 行動ファイナンス入門-なぜ、「最適な戦略」が間違うのか? | トップページ | そろり買い »

2010年7月27日 (火)

NYダウとナスダックに投資する(まともな)ETFが(やっと)上場?

標題の通りです。

以下のブロガーの方々が紹介してくれています。

http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1464.html

http://401k.sblo.jp/article/39846597.html

私もさっと内容を見てみましたが、その範囲では現物株に投資するまともなETFのようです。(まだ十分確認できたとは言えませんが)

もう何度も同様のことを書いていて、再度書くのもくたびれますが、私が考えるまともなETFというものを再度明確にするため、簡単にかいつまんで書いてみようと思います。

「市場原理に基づく十分な裁定のための仕組みを有するもの」を私はまともなETFと考えており、逆に、組成者以外の者が追加組成することができないものや、だれかが指数連動を保証するノート等に投資するものは、私はまともなETFだとは考えていません。

市場で空売りができれば、市場原理に基づく十分な裁定が働くとは、私は考えていません。ビジネスで裁定を行う事業者は資本コスト等を背負っており、組成者の一存で指数との乖離を放置され、裁定利益がいつまでたっても実現できない可能性がある裁定取引は、とてもビジネスとして成り立つものではないと考えるからです。第三者がいつでも組成、解体できる仕組みがあれば、一瞬で裁定利益が確定でき、これで初めて市場原理、競争原理に基づく裁定機能による指数連動性が確保されると考えます。

まだ十分確認できていないポイントはまさにこのポイントで、当該ETFは市場原理に基づく十分な裁定のための仕組みを有しているといえるかというところが、まだ資料を斜め読みしてみただけなのではっきりと把握できていません。週末にでも気が向いたら精査するか、パワーブロガーの方々の分析を拝見するかしようと、今のところ考えています。

あと、配当に関するUSでの源泉徴収がどうなっているかも興味あるところです。

これらのポイントの結論に依存する話ではありますが、もし当該ETFが「市場原理に基づく十分な裁定のための仕組みを有するもの」であったとしたら、「やればできるじゃん!」という、やっとまともなものに出会えた喜びと、「今までの迷走ぶりはなんだったの?」という、なんともやりきれない気持ちが入りまじった、どうにも複雑な思いを抱きます。やれやれ。

とりあえず、当ブログの関連エントリーのリンクを貼っておきます。

http://max999.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-cb5b.html

http://max999.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/mscimscietf-bad.html

http://max999.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/mscimscietf-7ff.html

|

« 行動ファイナンス入門-なぜ、「最適な戦略」が間違うのか? | トップページ | そろり買い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202973/48990234

この記事へのトラックバック一覧です: NYダウとナスダックに投資する(まともな)ETFが(やっと)上場?:

» NASDAQ-100指数に連動するETFが大証に上場します! [rennyの備忘録]
JUGEMテーマ:資産運用nbsp; 野村アセットマネジメントが設定、運用する、NASDAQ-100指に連動するファンドとダウ30種平均株価指数に連動するファンドが大証に上場されるそうです!米ナスダック市場に投資する日本初のETFが8月16日に大証に上場、アップルなど幅広いハイテク株が対象/ 投信NEWS /モーニングスター 有価証券届出書をチェックしてみました。最大のチェックポイントは次の箇所です。... [続きを読む]

受信: 2010年7月28日 (水) 06時44分

« 行動ファイナンス入門-なぜ、「最適な戦略」が間違うのか? | トップページ | そろり買い »