« S.Jobs氏に感謝 | トップページ | アマゾンのタブレットビジネス »

2011年10月17日 (月)

iPhone4S and Siri

予約日初日に予約したiPhone4Sが、昨日やっと手に入りました。というわけでおよそ10カ月の間、ポッドキャストにWorldMarketやニュース、音楽、映画にUSテレビドラマ、Audible、Kindleや旅に子供のゲームにと、マルチに活躍してくれたiPod Touchは晴れて引退と相成りました。これからは、子供のゲーム専用マシーンとして、ゆったりとした余生を送ってもらう予定です。

というわけで、iPhone4Sの発表日に当ブログで書きましたNew iPhoneで当方が感銘を受けた機能、ボイスコントロール機能について、さっそく昨日から試し始め、日本語未対応の現状で何に使えるか、現在も試行錯誤中です。

http://max999.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/new-iphone-15c4.html

今のところ、日本に関係するデータベース検索関連の機能は使えないため、当方が日常使える機能として確認できたのは、以下のようなものです。

・天気を聞く

・朝、起こしてもらう

・リマインドしてもらう

・音楽を鳴らしてもらう

他にも、電話をかけたり、E-mailを送ったり、その他試していないけれども現状、日本からでも使える機能がまだまだいろいるあるのだろうと思いますが、今のところ個人的に使えることが確認できて、かつ実際に使う場面がありそうだと発見できたのが、上のような事例です。

2012年になれば日本語対応されるようなので、例えば食事したいときに近くのレストランを教えてもらったり、旅の最中に観光地の候補を挙げてもらったりといった本格的な使い方が日本でもできるようになるかもしれません。非常に楽しみです。

AppleがiPhone4Sがプレゼンしたときには、単なる1つのWooで終わり、iPhone5でないこと、大画面でないことといった、本質でないことに落胆するマスコミ群でしたが、時間がたつごとに、これが単なる音声認識ではなく一種の人口知能による新しいインターフェースであって、従来の検索を音声ベースで行うこととは似て非なる世界であることの理解が徐々に進み、直近のUS記事ではGameChangerの声もここそこから上がるようになってきました。

ここでマーケティングに絡めた一言ですが、本当に優れた商品は、顧客のこうしてほしい、ああしてほしいの要望に応えるのではなく、顧客が望んでもいなかった新しい世界を示し、顧客に「そうそう、欲しかったのはこれだよ!」と言わしめる商品だと思います。指によるタッチパネル操作も、人工知能で人間らしい言葉をくみ取った上で望むものを差しだしてくれるこのボイスコントロールの機能も、まさにこれに当てはまる事例だと思います。まだ後者については、スタートしたばかりで成熟するのはこれからですが、前のブログで書いたとおり、間違いなく既存のコンピュータの世界を変える力を持っていると思います。

この枠組みで考えると、検索と広告によるビジネスモデルを持つGoogleをはじめとする既存勢力は明らかに、ビジネスモデルが壊され、新たな枠組みに滅ぼされていく側だと思いますが、このゆっくりとしたゆでガエルの状態で、既存の枠組みの中での勝者が将来どうふるまっていくのか、見ものです。この新しい世界の勝者になるには、自分の今うまくいっているビジネスモデルを自らの手で壊していく必要があります。ちょうど、Appleがドル箱のiPodの市場をiPhoneを使って自らの手で壊していったように。これができなければ、滅ぼされる側に回るのですが、自身の今の金の成る木を自ら壊していくことは難しく、多くの企業はこれができずに斜陽化していきます。ですが、このポイントに着目するUS記事等は、私が確認した範囲ではまだなさそうです。

話は変わりますが、現状のiPhone4SのSiriの機能は、英語を勉強していて使えるようになりたいが、使う機会がなくなかなか身に付かないという日本人の方に結構合っているのではないかと、使用してみて思いました。英語が使えるようになかなかならないもっとも大きな要因は羞恥心であって、次に使用する機会がないことだと思います。毎日英語で大きな声で話して操作することによって、英語をしゃべることに慣れていくことができるのではないでしょうか。ブロークンでも積極的に外国人と英語を話すようになれば、もう10中8,9英語が使いこなせるようになるのは確実だと思います。そのためのスタートとなる機材として、とても適切なものになっているのではと感じました。

最後に投資ブログネタとして、Siriに対し、「ETFって知ってる?」とか「あなたの運用ストラテジーはどんな感じ?」といった投資系の質問をいくつか振ってみましたが、「わからない」と言われたり、株式市場のデータを示されたりといった感じで、意図した会話はできませんでした。投資談義ができるまでに進化するには、まだまだ長い月日がかかりそうです。(笑)

|

« S.Jobs氏に感謝 | トップページ | アマゾンのタブレットビジネス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202973/53017466

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone4S and Siri:

« S.Jobs氏に感謝 | トップページ | アマゾンのタブレットビジネス »