« 初めてのカバードコール | トップページ | マイナス金利の世界での金融機関と個人の立場の逆転 »

2016年3月30日 (水)

ファンドの現金部分に手数料 ー マイナス金利の影響

投資信託の現金部分から手数料が徴収されることになるようです。

本日の日経新聞夕刊の一面にちょっと小さいですが記事が載っています。

この記事によると、信託銀行が提供する「特定金銭信託」と呼ばれる預金口座に、例えば三菱UFJ信託であれば0.06%の手数料を徴収するとのことです。4月中旬から適用とのことです。記事にははっきり書かれていないようにも見えますが、ファンドが運用する資金の現金の部分の運用が影響を受けるとのことですので、ファンドの余資の運用資金がこの信託銀行の提供する「特定金銭信託」に行っていて、そのせいでファンド運用の現金部分に手数料がかかるという風に読めます。

これも記事によれば、従来、信託銀行はコール市場で余資を運用していたが、マイナス金利政策適用以降の利回り低下で、日銀当座預金への預け入れを増やしたとのことです。
通常は、ファンドの現金保有部分はごく一部ですので、基準価格等に目に見えて影響が現れることはないものと推測されますが、個人へのマイナス金利の影響が現れ始めていると読めますね。

昨日だったか、同じ日経新聞でCitiのエコノミストの方が、理論的にはこのマイナス金利は、現金保管コストに相当する水準と同水準のマイナス0.5%からマイナス1.0%程度にはなり得るとの見解を示していたように思いますが、いずれマイナス金利がそういった意味あるオーダーの水準になっていく可能性を考えたら、将来の運用の世界はもしかすると今までの常識とはかなり異なる世界になっているかもしれません。

|

« 初めてのカバードコール | トップページ | マイナス金利の世界での金融機関と個人の立場の逆転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202973/63416565

この記事へのトラックバック一覧です: ファンドの現金部分に手数料 ー マイナス金利の影響:

« 初めてのカバードコール | トップページ | マイナス金利の世界での金融機関と個人の立場の逆転 »